関智一が“ポンコツ・ボット”の吹替えに決定!『ロン 僕のポンコツ・ボット』最新予告映像が解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/9/22 8:00

関智一が“ポンコツ・ボット”の吹替えに決定!『ロン 僕のポンコツ・ボット』最新予告映像が解禁

「ひつじのショーン」のテレビシリーズを手掛け、ピクサー作品でストーリー・アーティストを担当したジャン・フィリップ・ヴァインと、『アーサー・クリスマスの大冒険』(11)のサラ・スミスが共同監督を務めた、新進気鋭のCGアニメーションスタジオ「ロックスミス・アニメーション」の初劇場長編作品『ロン 僕のポンコツ・ボット』(10月22日公開)。このたび本作の最新予告映像と場面写真が解禁。日本語吹替え版のキャストもあわせて発表された。

【写真を見る】ポンコツで可愛い最新式デバイスのロンが大騒動を巻き起こす!隠された秘密とは…
【写真を見る】ポンコツで可愛い最新式デバイスのロンが大騒動を巻き起こす!隠された秘密とは…[c] 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

本作の舞台になるのは、スマホよりハイテクなデジタル機能に加え、持ち主にぴったりな友だちまで見つけてくれる夢のようなデバイス“Bボット”によって誰もが仲間と繋がる世界。友だちのいない少年バーニーのもとに届いたのは、不良品のBボットのロンだった。オンライン接続もできず、友だち探しもできないポンコツなロンに、バーニーは自ら“友だちの作り方”を教え込んでいくが、やがてロンにはほかのBボットにはない特別ななにかがあることに気付き…。

このたび解禁された予告映像では、バーニーとロンの出会いから幕を開け、なんとも愛らしいロンが巻き起こす大騒動の一端が映しだされていく。お手製の“友達リクエスト”シールを街中に貼ってまわったり、「僕はセキュリティ管理されていない」と、物語のカギとなるロンの“秘密”の存在が明らかになったり。さらに製造元のバブル社に危険な不良品とみなされ廃棄処分の対象として追われることになるロンとバーニー。はたして2人はこの危機を乗り越えることができるのか?


またこの予告映像にあわせて、日本語版の声優情報が解禁。ロンの声を担当するのは「PSYCHO-PASS サイコパス」や「鬼滅の刃」「呪術廻戦」などの人気作品でキャラクターに命を吹き込んできた関智一。そしてバーニー役には『アクアマン』(19)の日本語吹替版にも参加するなど着実にキャリアを積み重ねている若手俳優の小薬英斗。2人がロンとバーニーとしてどんなコンビネーションを見せてくれるのか、大いに期待したい。

文/久保田 和馬

関連作品