菅田将暉『CUBE』が実生活とリンク!共演者は「本当に仲がよい!楽しく遊んだ」と息ぴったり|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/9/22 20:43

菅田将暉『CUBE』が実生活とリンク!共演者は「本当に仲がよい!楽しく遊んだ」と息ぴったり

世界中でカルト的人気を誇るヴィンチェンゾ・ナタリ監督の映画『CUBE』(97)を初めて公認リメイクした映画『CUBE 一度入ったら、最後』(10月22日公開)の完成披露試写会が9月22日にユナイテッド・シネマ豊洲で開催され、菅田将暉、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎、清水康彦監督が登壇。謎の立方体“CUBE”内での撮影を振り返ったキャスト陣。梯子を何度も上り下りすることで、菅田は「みんなの筋肉が付いていった」と述懐。またみんなでゲームを持ち寄ったそうで、「シリアスで怖い作品なんですが、本当に(共演者陣の)仲が良かった。楽しく遊んだ」と撮影の合間の様子を笑顔で明かした。

『CUBE 一度入ったら、最後』完成披露試写会が開催された
『CUBE 一度入ったら、最後』完成披露試写会が開催された

なんの接点もない男女6人が謎の立方体“CUBE”に閉じ込められ、閉じ込められた理由もわからないまま脱出を試みようとする姿を描く本作。菅田は「最初の緊急事態宣言が明けて、すぐの撮影。僕ら自身も実生活とリンクしながらの撮影でした。なんとか完成したこと、観てもらえることにホッとし、感謝しています」と会場に呼びかけ、拍手を浴びていた。

“CUBE”は、「生き物みたいでした」と話す菅田将暉
“CUBE”は、「生き物みたいでした」と話す菅田将暉

「現場が楽しかった」という菅田は、「杏さんがフィットネスのゲームを持ってきてくださって、みんなで得点を競い合った。ゲームど真ん中の世代である田代くんがダントツでうまい。と思いきや、岡田のまーくんが追い上げてどんどんうまくなっていた。杏さんが、“CUBE”でずっと絵も変わらないなかで、みんなで戦う。控室くらいは華やかにしようと言ってくれた」と撮影の合間の和気あいあいとした時間を回想した。杏が「一番エンジョイしていた」と岡田の様子を語ると、菅田も「まーくんが楽しそうだから、みんな『もっともっと』となっていた」と証言。これには岡田も「マスコットみたい」と苦笑いを浮かべつつ、「僕は、絵しりとりがおもしろかった。鋼太郎さんの絵が好きだった」と話していた。


“CUBE”での撮影は、「生き物みたいでした」と印象を語った菅田。「“CUBE”の照明役の人が現場にいて、僕たちのお芝居に呼応してその照明が動く。もう一人の登場人物みたいな感じでした」という。岡田も「初めてセットを見た時は感動しました。ここでお芝居をして、遊べるぞという感覚」と新鮮かつ充実の撮影となった様子だが、杏は「梯子を上り下りして、筋肉痛になった。みんなどんどん梯子の上り下りが速くなっていった」、菅田は「みんな筋肉がついて(身体が)丸くなっていきました」と話す。斎藤も「比較的、健康になっていった。菅田さんはガタイがよくなっていった。ジムですね」と語るなか、吉田は「僕は筋肉はついていない」とぶっちゃけ会場の笑いを誘っていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品