マリオン・コティヤールとペネロペ・クルス、美しき2大女優のハグが「最強すぎる」と話題に|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

セレブリティ 2021/9/25 19:30

マリオン・コティヤールとペネロペ・クルス、美しき2大女優のハグが「最強すぎる」と話題に

共にシャネルの広告塔を務める、オスカー女優マリオン・コティヤール(45)とペネロペ・クルス(47)のハグが最強すぎると話題を呼んでいる。

コティヤールとクルスはかねてからファッショニスタとして知られており、クルスは先日行われたヴェネチア国際映画祭でも、数々のシャネルのドレス姿をお披露目。「どんなドレス姿も失敗しないパーフェクトな装い」と絶賛された。

【写真を見る】フランスとスペインの2大女優が、映画祭で熱い抱擁!美しき共演に絶賛の声
【写真を見る】フランスとスペインの2大女優が、映画祭で熱い抱擁!美しき共演に絶賛の声写真はDonostia Zinemaldia - Festival de San Sebastián(@sansebastianfes)公式Twitterのスクリーンショット

その2人が、スペインで開催されたサン・セバスティアン国際映画祭で対面。2019年に生涯功労賞にあたるドノスティア賞を受賞したクルスが、今年の受賞者コティヤールにトロフィーを授与した。ともに登壇した2人だが、クルスは、セミロングのブロンドヘアにスパンコールがちりばめられた、フリンジの裾から美脚がのぞく煌びやかなシルバードレスで登壇。対照的に、アップにしたヘアスタイルにオフショルダーとホルターネックの黒いシフォンドレスと、シックかつクラシックに決めたコティヤールは、「まさか彼女がここに来てくれるなんて。彼女が大好きです」と涙をぬぐうシーンもあり感動しきり。2人は、壇上で熱い抱擁を交わしたり、手をつないで舞台を去るなど仲の良さを見せつけた。

クルスはミニドレス、コティヤールは黒いシフォンドレスで登場
クルスはミニドレス、コティヤールは黒いシフォンドレスで登場写真はDonostia Zinemaldia - Festival de San Sebastián(@sansebastianfes)公式Twitterのスクリーンショット

この様子は、「Euronews」などや同映画祭の公式Twitterなどでお披露目されており、「ドレスを着こなしている2人は本当に美しい」「フランスとスペインの宝石」「ビジュアルが最強すぎる」「実力、容姿ともに文句なしの大女優」「貫禄がすごい」といった絶賛の声が寄せられている。

『Bigger Than Us』のプレミアでは、がらりと変わったロングのウェービーヘアに、同じシャネルでもクロップトップのジャケットにジーンズ素材とオーガンジー素材のワイドパンツという、カジュアルエレガンスな装いでレッドカーペットを歩いたコティヤールは、『エディット・ピアフ 愛の讃歌』(07)でアカデミー賞主演女優賞を受賞。同じフランス人の監督ギヨーム・カネとの間にマルセルという10歳の男の子がいる。


『それでも恋するバルセロナ』(08)でアカデミー賞助演女優賞を受賞したクルス
『それでも恋するバルセロナ』(08)でアカデミー賞助演女優賞を受賞したクルス写真:EVERETT/アフロ

またスペイン人のクルスは『それでも恋するバルセロナ』(08)でアカデミー賞助演女優賞を受賞。2010年にスペイン人でオスカー俳優のハビエル・バルデムと結婚し、10歳の息子レオナルド、8歳の娘ルナがおり、母となってますます輝きを増していると言われる点など、なにかと共通点も多い2人のようだ。

文/JUNKO