スタジオコロリド最新作『雨を告げる漂流団地』2022年Netflix全世界独占配信&日本公開決定!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/9/25 22:00

スタジオコロリド最新作『雨を告げる漂流団地』2022年Netflix全世界独占配信&日本公開決定!

『ペンギン・ハイウェイ』(18)、『泣きたい私は猫をかぶる』(20)を手がけたアニメーションスタジオ、スタジオコロリドの新作長編アニメ第3弾が『雨を告げる漂流団地』に決定。2022年にNetflixにて全世界独占配信、日本全国で劇場公開されることも明らかとなり、特報映像、キービジュアルが解禁となった。

【写真を見る】『雨を告げる漂流団地』場面カット
【写真を見る】『雨を告げる漂流団地』場面カット

小学6年生の航祐(こうすけ)と夏芽(なつめ)は団地で育った幼馴染。夏休みのある日、取り壊しの決まった団地で遊んでいると、不思議な現象に巻き込まれてしまう。気づくとそこは、あたり一面の大海原。航祐たちは元の世界に戻れるのか?ひと夏の別れの旅がはじまる。

本作で監督を務めるのは石田祐康。『ペンギン・ハイウェイ』で長編監督デビューを果たし、第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、ファンタジア国際映画祭にて今敏賞(ベストアニメーション賞)を受賞した次代を担うクリエイターとして注目を浴びている。石田監督は「2022年、この団地が漂流する果てに少年と少女は何を見るのか。ご期待ください」とコメント。


キャラクターデザインを担当する永江彰浩は「タイトルにもありますように団地という舞台には特にこだわりを持って設計しておりますので、この建築が持つ表情の魅力を感じていただけたら幸いです」、キャラクターデザイン補佐の加藤ふみは「同じ学校に通いながらも全くバラバラなタイプの子供たちが、漂流生活を通してどんな成長を遂げるのか注目していただきたいです」と、デザイン、ストーリーの注目ポイントを明かしている。

『雨を告げる漂流団地』場面カット
『雨を告げる漂流団地』場面カット

あわせて解禁された特報映像には、スタジオコロリド過去作から待望の新作へとステップアップする様子が映し出され、新作への期待が高まる内容となっている。スタジオコロリドが贈る、夏の終わりの冒険ファンタジー。躍動感あふれる少年少女のひと夏の冒険を見守りたい。