三島有紀子監督×藤原季節、『よろこびのうた』で出会った“喜び”「完成品を観ている間釘付けでした」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2021/10/1 14:00

三島有紀子監督×藤原季節、『よろこびのうた』で出会った“喜び”「完成品を観ている間釘付けでした」

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが、COVID-19(新型コロナウイルス)の影響を受けているクリエイター、制作スタッフ、俳優が継続的に創作活動に取り組めるように、短編映画製作プロジェクトを発足。「COVID-19をひっくり返す」という想いが込められたその映画の名は、『DIVOC-12』(公開中)だ。藤井道人監督、上田慎一郎監督、三島有紀子監督がリーダーとなり、それぞれが公募を含む3人の映画監督たちとチームを結成。総勢12人の監督が、10分間という限られた時間のなかでオリジナルの作品作りに挑む。

『DIVOC-12』は10月1日(金)公開
『DIVOC-12』は10月1日(金)公開[c]2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

MOVIE WALKER PRESSでは連続インタビューを実施。今回は、『よろこびのうた Ode to Joy』の三島監督と藤原季節の対談をお届けする。

本作は、孤独な日々を過ごす冬海(富司純子)に、謎めいた青年・歩(藤原)が声をかけたことから始まる。歩に持ち掛けられ、冬海は“ある仕事”を行うことに。「みんな、不安だから」というセリフが象徴するように、いまを生きる私たちの心に潜む暗澹たる気持ちが、お金を巡る物語のなかであぶり出されてゆく。
互いへの敬愛がにじむ三島監督と藤原だが、藤原が三島監督も知らなかった、ある告白を行うひとコマも見られたインタビューとなった。

「『三島監督の作品に出られるんだ!やった!!」と興奮してしまいました」(藤原)

【写真を見る】話題作への出演続く、藤原季節。『よろこびのうた Ode to Joy』出演決定時は大興奮だったと明かした
【写真を見る】話題作への出演続く、藤原季節。『よろこびのうた Ode to Joy』出演決定時は大興奮だったと明かした撮影/野崎航正 スタイリング(藤原季節)/Shohei Kashima (W)

――『DIVOC-12』プロジェクトという試みに対して、藤原さんはどんな感想を抱きましたか?改めてお聞かせください。

藤原「正直なことを言うと、お声がけいただいた当初はプロジェクトについて詳しく知らなかったんです。単純に『三島監督の作品に出られる!』という喜びでいっぱいで、ほかのことはあまり聞いていなくて(笑)」

三島「(笑)。ありがたいですね」

藤原「その時はマネージャーさんも僕も『三島監督の作品に出られるんだ!やった!!』と興奮してしまっていましたね(笑)。あとから『こういった企画なんだ』とお聞きして、僕らのほかにも物語を作ろうとしている人たちがいることが、素敵なことだと感じました。それぞれがそれぞれの形で、ある一つのテーマで物語を紡ごうとしている。それは競争とかではなく、もっと高いレベルの話だと思いましたし、ワクワクしました」

――藤原さんは全12作品をご覧になって、いかがでしたか?


上田慎一郎監督作、松本穂香主演の『ユメミの半生』
上田慎一郎監督作、松本穂香主演の『ユメミの半生』[c]2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

藤原「好きな作品が多かったですし、同世代の俳優がたくさん出ているのもうれしかったです。松本穂香さん(『ユメミの半生』)、清野菜名さん(『死霊軍団 怒りのDIY』)、笠松将くん(『ココ』)、石橋静河さん(『流民』)…。松本さんには爆笑させられましたね。『his』などでもご一緒してきましたが、『こんなに素敵な女優さんだったんだ!』と改めて思わされました。笠松くんに対しては、『ここまで骨太い男だったんだ』と思ったし、知っているつもりのみんなの知らない一面を見られた気がします。
初めて作品を拝見する監督も多かったですし、既に知っている方々も『10分でこんな物語を撮るんだ』という新鮮な驚きがありました。あっという間の120分でしたね」

■衣装協力
ジャケット:¥97,900(APOCRYPHA./Sakas PR)
パンツ:¥52,800(APOCRYPHA./Sakas PR)
T-シャツ:¥13,200(SEVEN BY SEVEN/Sakas△PR)
その他スタイリスト私物
・お問合せ先
Sakas PR(APOCRYPHA.、SEVEN BY SEVEN):03-6447-2762

関連作品