上田慎一郎監督×松本穂香、初タッグで感じた映画愛「こんなに楽しそうな監督さん見たことがない」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2021/9/30 14:00

上田慎一郎監督×松本穂香、初タッグで感じた映画愛「こんなに楽しそうな監督さん見たことがない」

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが、COVID-19(新型コロナウイルス)の影響を受けているクリエイター、制作スタッフ、俳優が継続的に創作活動に取り組めるように、短編映画製作プロジェクトを発足。「COVID-19をひっくり返す」という想いが込められたその映画の名は、『DIVOC-12』(10月1日公開)だ。藤井道人監督、上田慎一郎監督、三島有紀子監督がリーダーとなり、それぞれが公募を含む3人の映画監督たちとチームを結成。総勢12人の監督が、10分間でのオリジナル作品作りに挑む。

『DIVOC-12』は10月1日(金)公開
[c]2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

MOVIE WALKER PRESSでは、連続インタビューを実施。今回は、『ユメミの半生』で初タッグを組んだ上田監督と松本穂香に話を聞かせてもらった。

本作は、謎めいた女性ユメミ(松本)が、映画少年カケル(石川春翔)に自らの半生を語って聞かせるというストーリー。彼女の物語は、映画史をなぞっていくように壮大で、カケルはみるみる魅せられていく。
ファンタジックな内容も興味深いが、本作では国内の実写映画では初めての本格導入となる「バーチャルプロダクション」という新技術を使った撮影にも挑戦している。こちらは、巨大モニターに投影された映像が、撮影カメラと連動するというものだ。チャレンジ精神を発揮した上田監督と、全力投球で応えた松本。2人が、監督と役者の立場からものづくりを語り合う。

「こんなに楽しそうな監督さんって見たことがない」(松本)


【写真を見る】松本穂香、初タッグを組んだ上田慎一郎監督との撮影に「幸せだな」
【写真を見る】松本穂香、初タッグを組んだ上田慎一郎監督との撮影に「幸せだな」撮影/河内彩

――おふたりが「DIVOC-12」プロジェクトに賛同された理由をお聞かせください。

上田「コロナ禍でエンタテインメントを創るのものそうですが、10分という尺に惹かれました。普通は映画って細かい尺は決められないじゃないですか。制限があるからこそ出てくるものもあるし、10分だからこそやれるものもあると感じたんです。普段とまったく違う筋肉を使ってクリエイティブできるなと感じました」

松本「クリエイター支援プロジェクトというのが良いですよね。作り手の皆さんが励まし合っている感じといいますか、いままでありそうでなかった気もします。みんながネガティブなモードに引っ張られているなかで、未来に向けて明るい気持ちになれるものが詰まっていると思いますし、私自身も励まされるセリフがありました。そういう動きがあるのはすごく良いことだと思います」

――今回初めてタッグを組まれて、どんな印象を持ちましたか?

松本「いままでいろいろな監督さんとやらせていただいたなかで、楽しそうに演出されたり現場にいらっしゃったりする方は素敵だなと思うのですが、上田監督からは特にそれを感じました。『OK!』のテンションで『もう1回!』って言うんです(笑)」

松本が「こんなに楽しそうな監督さん見たことがない」と印象を語った、上田監督
松本が「こんなに楽しそうな監督さん見たことがない」と印象を語った、上田監督撮影/河内彩

上田「(笑)。普通はどんな感じなの?」

松本「『うーん…もう1回』みたいな感じですね(笑)」

上田「なるほど(笑)」

松本「こんなに楽しそうな監督さんって本当に見たことがないってくらい、映画作りが楽しくて仕方ない感じがしましたね。そのプラスな空気が現場全体に広がっていくので、『素敵だな。幸せだな』と感じながら一緒にやらせてもらっていました」

関連作品