西島秀俊&内野聖陽『何食べ』京都ロケは2人でラブラブ自撮り「大好きな人と京都に来た!ルン!」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/10/6 20:01

西島秀俊&内野聖陽『何食べ』京都ロケは2人でラブラブ自撮り「大好きな人と京都に来た!ルン!」

よしながふみによる人気漫画を西島秀俊&内野聖陽のW主演でドラマ化した「きのう何食べた?」。同作を映画化した劇場版『きのう何食べた?』の完成報告会が10月6日にイイノホールで開催され、西島と内野をはじめ、山本耕史、磯村勇斗、松村北斗(SixTONES)、中江和仁監督が登壇。京都ロケでは、西島と内野の2人で自撮りシーンを撮影したそうで、内野が「大好きな人と京都に来た!ルン!っていう感じで、自由にやらせていただきました」と笑顔を弾けさせた。

【写真を見る】山本耕史、磯村勇斗、松村北斗(SixTONES)も登壇!
【写真を見る】山本耕史、磯村勇斗、松村北斗(SixTONES)も登壇!

料理上手で几帳面な弁護士のシロさん(西島)と、その恋人で人当たりの良い美容師のケンジ(内野)のあたたかな日常を、日々の食卓と共に描く物語。劇場版では、シロさんの提案でケンジの誕生日プレゼントとして京都旅行へ出発。京都旅行をきっかけに、2人がお互いに心の内を明かすことができなくなってしまう姿を描く。

仲よし!笑顔いっぱいの2人
仲よし!笑顔いっぱいの2人

ケンジが2人の姿を自撮りする様子は連続ドラマでもおなじみの場面だが、劇場版の京都旅行でも自撮りをするシーンがあったという。中江監督によると「スタッフは周りに誰もいない。有名人2人を京都の街中にほっぽりだして、スタッフは影に隠れている」とのこと。西島は「(2人の)幸せな感じが戻ってきた」と自撮りシーンを楽しみ、内野も「ほぼ丸投げなんです。監督が僕にスマホを渡して『撮れ』って」と苦笑いを浮かべつつ、「ケンジの扮装になると、西島さんがシロさんに見えちゃう。ラブラブな感じ。大好きな人と京都に来た!ルン!っていう感じで、自由にやらせていただきました。すてきな西島さんをたくさん撮った」と満足そうに語っていた。

劇場版では、シロさんケンジの仲を揺るがすイケメン美容師の田渕役として松村が登場する。内野は「いつもはケンジが乙女心担当で。嫉妬するだなんだというのは、私のほうが『いやん!』みたいになってますが」とすっかりケンジ気分になって語り、「今回はシロさんが嫉妬をする。個人的には西島さんが嫉妬する姿を見て笑いました」と劇場版ではケンジが嫉妬させる側になった点も見どころだと話す。西島は「だって北斗くんみたいなかわいい男子が…嫉妬しましたね」と楽しそうに目尻を下げていた。

緊張していたと明かした松村北斗
緊張していたと明かした松村北斗


また本シリーズに初参戦となった松村は、「まったく知らない小さな村に突然放り込まれた感じ。そこに引き入れてくれたのは、内野さん」と結束力の高いチームに参加することに緊張していたものの、内野に大いに助けられたという。内野が「彼は真面目な性格ゆえに、緊張していたんです。練習に練習を重ねて現場に来てくれた。それが逆に、固まりすぎちゃっていた。そこをもみもみ、もみもみほぐしていた。心のマッサージ」と振り返ると、松村は「入り口になってくださった。いろいろなことを引きだしてくださった」と感謝しきりだった。

本作の主題歌がスピッツ「大好物」であることにちなみ、それぞれの「大好物」を聞かれるひと幕も。西島が「ドーナツ」、内野が「餃子とビール」、山本が「16キロのダンベルとプロテイン」、磯村が「梅水晶」と明かすなか、松村は「七味唐辛子と胸が焼けるほど甘いチョコレート」と回答。「辛いものがすごく好きで。白いご飯にちょっと塩をかけて、大量に七味かけて食べるのが一番好きな食べ物。辛いものってあまりに辛いと、血糖値が下がってぼーっとする。そこで胸が焼けるほど甘いチョコレートを食べると、血糖値が上がってきて安定する。この瞬間の高揚感、開放感がたまらない」と熱弁すると、山本は「血糖値の上昇を考えると最悪です。栄養学的にいうと、あまりよくない」とキッパリ。松村は「だから僕、常にちょっと顔色悪いんですよね。たぶんそれが原因」と分析し、周囲を笑わせていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品