深田恭子『劇場版 ルパンの娘』公開に寂しさ「また呼ばれたら仮面をつけて集まりましょう」と続編希望|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/10/15 20:04

深田恭子『劇場版 ルパンの娘』公開に寂しさ「また呼ばれたら仮面をつけて集まりましょう」と続編希望

劇場版 ルパンの娘』の初日舞台挨拶が10月15日に丸の内TOEIで開催され、深田恭子、瀬戸康史、小沢真珠、栗原類、どんぐり、大貫勇輔、市村正親、観月ありさ、渡部篤郎、武内英樹監督が登壇。約2年以上の月日を共にしたメンバーとステージに立った深田が、「華という役に愛着もある。私にとって宝物のような作品になりました」と告白。「今日、自分の手から離れてしまうのがちょっと寂しいです」と明かしつつ、「いつでも呼ばれたら、また仮面をつけてみんなで集まりましょう」と続編を希望し、会場から大きな拍手を浴びた。

『劇場版 ルパンの娘』の初日舞台挨拶が開催された
『劇場版 ルパンの娘』の初日舞台挨拶が開催された

本作は、全力でふざけるキャストの好演や激しいアクション、ミュージカル演出にパロディなど独特の世界観で話題を集めたテレビドラマ「ルパンの娘」の劇場版。深田演じる代々泥棒一家の“Lの一族”の娘、三雲華と、瀬戸演じる代々警察一家の息子である桜庭和馬の禁断の恋を軸に、劇場版では異国の地を舞台に“もう一人のLの一族”である三雲玲(観月)の存在と華の出征の秘密が描かれる。深田は「悔い改めな!」というお決まりのセリフも披露し、会場を大いに盛り上げていた。

「悔い改めな!」の決めゼリフを披露
「悔い改めな!」の決めゼリフを披露


会場の大きな拍手に迎えられて登場した深田は、「記念すべき初日にお越しくださり、皆さまありがとうございます。やっと、やっと皆様にお届けできる。私も今日を心待ちにしておりました」とうれしそうな笑顔で挨拶。「パート1の時に『こんなドラマがあるんだ』とびっくりした。パート2、劇場版までできるとは思わなかった。すごく居心地のいい現場。こんなに長いこと一緒にお仕事をさせていただけることもない。チームワークがとてもいい現場でした」と長い月日を過ごした現場への愛情を語った。

華の父親役の渡部も「終わってしまって、すごく寂しい」と最終章と銘打たれた劇場版の公開に寂しさもあるという。「こんな気持ちは初めてかな。せっかく観月さんや市村さんにも出ていただいた。またみんなで違う物語を作ってもらいたい。私はまだまだやっていきたいです」と未来を見つめていた。個性たっぷりのメンバーをまとめあげた武内監督は、「最初にこのドラマを始める時に、動物園みたいにしたいなと思っていた。いろいろな変わった動物が出てきて、それをまとめる指揮者みたいな仕事ができればいいなと思っていた」と茶目っ気たっぷりに語り、「迷った時は渡部篤郎さんに聞けばいいと思った。相談しながらやりました」と渡部への信頼を口にしていた。

取材・文/成田おり枝