井ノ原快彦、“仲間がいること”の良さを熱弁!「とにかくかわいい」とすみっコたちにメロメロ|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/10/22 20:44

井ノ原快彦、“仲間がいること”の良さを熱弁!「とにかくかわいい」とすみっコたちにメロメロ

「すみっコぐらし」の劇場版アニメ第2弾『映画 すみっコぐらし 青い月夜とまほうのコ』(11月5日公開)の舞台挨拶付きお披露目試写会が10月22日に東劇で開催され、前作に引き続きナレーションを務めた井ノ原快彦と本上まなみ、大森貴弘監督が登壇。しろくまととかげと一緒に登場した井ノ原は「とにかくかわいい!」とすみっコたちにメロメロの様子を見せた。

『映画 すみっコぐらし 青い月夜とまほうのコ』の舞台挨拶が行われた
『映画 すみっコぐらし 青い月夜とまほうのコ』の舞台挨拶が行われた

本作は、サンエックスの人気キャラクターを劇場アニメ化した第2弾。すみっコたちが暮らす街を舞台に、5人きょうだいの魔法使いを交えた不思議な物語が展開する。ゆっくりながら一生懸命にステージに上がるすみっコたちの様子に会場からも温かな拍手が送られ、井ノ原は「とにかくすみっコたちがかわいい。観終わった後に、人に優しくなれるような映画。次の日は新しい自分になれると思う」、本上は「今回も井ノ原さんとご一緒できたこと、すみっコたち再会できたことを本当にうれしく思っています」と挨拶した。

【写真を見る】井ノ原快彦、しろくまに抱きついてニッコリ!
【写真を見る】井ノ原快彦、しろくまに抱きついてニッコリ!

前作から続投することとなった井ノ原だが、「まだ僕のところにお話が来てなかった時に、『第2弾があるらしい』というウワサを聞いていた。違う人なのかなとずっと思っていた。連絡が来てよかった」と胸をなで下ろし、「非常に楽しく収録させていただきました」とにっこり。ナレーションをやるうえでは、「声優さんの仕事ともまた違うというか、主張しすぎてもダメだし、でもきっちり説明してあげたいところもある。できるだけ邪魔にならないようにしようと思ってやりました」と心がけたことを明かしていた。

井ノ原から「本上さんの声を聞けただけで、癒されちゃった」と称えられた本上は、「井ノ原さんこそ!」と笑顔。大森監督は「もともと続投をお願いしようと思っていた」と最初から井ノ原と本上にオファーをするつもりだったそうで、「前作でもすみっコたちのお兄さん、お姉さんという立ち位置の声がとてもすてきだった」と語っていた。


もし魔法が使えたら?
もし魔法が使えたら?

また魔法使いが登場することにちなみ、「あったらいいなと思う魔法は?」との質問に答えるひと幕も。本上は「ちょっとジャンプしただけで2階まで上がれる魔法」、井ノ原は「怒っている人の語尾が“ぽ”になる魔法」と回答。「『ふざけんなぽ』とか、そんな感じになっちゃう。いくら怒ってもそうなっちゃうから、怒るのをやめる。あおり運転するとか人も、降りてきて『なにやってんだぽ』とかになる。そうすれば世の中、平和になるような気がする。すみっコの世界みたいな感じになればいいな」と願っていた。

フォトセッション後にはしろくまやとかげに抱きつき、なでなでするなど、たっぷりとすみっコたちと交流を図った井ノ原。すみっコたちを見ていると「完璧じゃないんだけれど、完璧である必要はないんだと思わせてくれる」そうで、「周りには仲間がいるから、自分ができないことはほかの人がやってくれる。ほかの人ができないことは自分がやってあげればいい。そうやってお互いのネジを巻き合っているような世界」と感じる魅力を語っていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品