宮沢りえの衆院選落選宣言に窪田正孝が困惑…『決戦は日曜日』本予告からシニカルさ全開|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/10/28 12:00

宮沢りえの衆院選落選宣言に窪田正孝が困惑…『決戦は日曜日』本予告からシニカルさ全開

窪田正孝と宮沢りえが共演する社会派コメディ『決戦は日曜日』(2022年1月7日公開) 。このたび同作より予告編が解禁された。

【写真を見る】窪田正孝が二世候補に振り回される私設秘書を好演
【写真を見る】窪田正孝が二世候補に振り回される私設秘書を好演[c]2021「決戦は日曜日」製作委員会 [

本作はコメディをはじめオリジナル脚本作品を多数手掛ける坂下雄一郎監督による、選挙を題材にした作品。仕事はそつなくこなす事なかれ主義の私設秘書の谷村勉(窪田)と、病に倒れた父の地盤を引き継いで衆議院選挙に出馬する世間知らずな娘、川島有美(宮沢)の選挙活動の顛末がコミカル&シニカルに描かれる。谷村をはじめとする秘書チームの面々には赤楚衛二、内田慈 小市慢太郎 音尾琢真が名を連ねる。

解禁された予告は、有美の立候補表明からスタート。注目が集まる中、堂々としながらも「各々(おのおの)」を「かくかく」と読み間違い。そんなやる気だけは十分な世間知らずのド素人二世候補は、他の候補の街頭演説に横ヤリを入れ、突撃取材に怒り暴行など谷村たち秘書チームの頭を悩ませる。足並みが揃わぬまま有美と谷村たちは、選挙戦を戦い抜くことができるのか??


予告の最後には、選挙戦のドタバタを経た有美がヤケ気味に「日本の政治は終わってる」「選挙に落ちたらいい」と発言をぶちかまし驚く谷村の姿が。候補者がまさかの落選を目指す前代未聞の選挙戦の行方に注目だ。

文/根本一凛