マイケル・マイヤーズは、“ホラー界の007”だった!?『ハロウィン KILLS』監督&プロデューサーが激白|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2021/10/31 13:00

マイケル・マイヤーズは、“ホラー界の007”だった!?『ハロウィン KILLS』監督&プロデューサーが激白

1978年の公開から今日まで多くのフィルムメーカーに影響を与え続けるジョン・カーペンターの傑作『ハロウィン』(78)と、40年を経た2018年に登場した正当な続編『ハロウィン』(18)に続く待望の続編『ハロウィン KILLS』が、現在公開中だ。製作総指揮にカーペンター本人を迎え、1978年版と2018年版で共に主人公のローリーを演じたジェイミー・リー・カーティスやマイケル役のニック・キャッスルと、鉄壁のスタッフ&キャストが再結集した本作。前作に続き監督、製作総指揮、脚本を担当したデヴィッド・ゴードン・グリーンと、製作を手掛ける本作の仕掛人、「ブラムハウス・プロダクションズ」を率いるジェイソン・ブラムに話を聞いた。

前作で死んだはずのマイケルは、生きていた!
前作で死んだはずのマイケルは、生きていた![c]UNIVERSAL STUDIOS

「娯楽のなかにも、こっそりと社会性を忍ばせたい」(グリーン)

――前作『ハロウィン』の驚くべき大ヒットは予想できましたか?

ブラム「いえ、僕もデヴィッドもあそこまで成功するとは思っていませんでした。うれしい驚きでしたね。デヴィッドはすばらしい仕事をして、観客はそれを楽しんでくれた。ああいう結果を僕らは期待し、夢見ていましたが、本当にそうなるかどうかは分からなかったですし」

数々のホラー映画を大ヒットに導いてきたブラム
数々のホラー映画を大ヒットに導いてきたブラム写真:EVERETT/アフロ

――そしてこの続編ですが、メッセージ性の強い作品になっていたことが新鮮でした。

グリーン「恐怖の哲学をより拡大解釈し、より大きな意味で掘り下げたいと思っていました。これまではマイケルが絶対悪でしたが、本作では善と悪の境界線を曖昧にしたかったんです。前作は主人公やマイケルと町の人々の関係をしっかり描き、今回はそれがカオスと化す。民衆の怒りやパニック、不満が爆発するんです。群衆のメンタリティは、モンスターと同じくらい怖い。そういうことが、いまの世の中には起こり得ますからね」

次回作には『エクソシスト』の続編も予定されている、グリーン監督(左)
次回作には『エクソシスト』の続編も予定されている、グリーン監督(左)[c]UNIVERSAL STUDIOS

――ドラマや風刺コメディを得意としてきた監督だから撮れるホラーですね。

グリーン「僕は恐怖とメッセージの両方をもつ作品をつくりたいと思っています。映画はもちろん娯楽ですが、そこに社会性をこっそりもたせられたら満足です。まずは、怖がって楽しんでもらうこと。そうしないとメッセージは伝わらないですから」

「マイケルは、ホラー界のジェームズ・ボンドです!」(ブラム)

――『ハロウィン』シリーズのレガシーを、今回はどのように入れ込んでいったのでしょう?

グリーン「まずはマイケルの家。昔からアイコニックな存在ですから。そしてリンジー、トミー、マリオンら、最初の『ハロウィン』のキャラクターを再登場させました。なにより大切なのは、ジョン・カーペンターが生みだした恐怖の概念を、より大きくすることですね」

40年以上の時を経て、懐かしい面々が顔を揃えた
40年以上の時を経て、懐かしい面々が顔を揃えた[c]UNIVERSAL STUDIOS


――製作総指揮を務める、生みの親カーペンター監督との作業について教えてください。

グリーン「彼とのやりとりは脚本執筆前の段階から始まるんです。まず彼にアイデアを話し、僕が執筆して、彼がそれを読み、意見をくれる。キャスティングについて相談をすることもありました。1作目に出た俳優を再出演させたかったので、連絡先を教えてもらったり。撮った映像を彼に観てもらうこともあって、どう感じてもらえるか不安でもありつつ、同時に楽しい作業でもあります」

――マイケル・マイヤーズが長きに渡って愛されている理由はなんだと思われますか?

ブラム「生みの親であるカーペンターがマイケルを見事なかたちで提示してくれたからだと思います。それが全てだと思いますね。僕はいつも言っているんですが、マイケルはホラー界のジェームズ・ボンドなんですよ」

【写真を見る】まさに“ジェームズ・ボンド”?「007」ばりのアクションで、意気揚々と殺戮を繰り返すマイケル・マイヤーズ
【写真を見る】まさに“ジェームズ・ボンド”?「007」ばりのアクションで、意気揚々と殺戮を繰り返すマイケル・マイヤーズ[c]UNIVERSAL STUDIOS

――3部作の完結編となる『Halloween Ends』(2023年公開予定)について、言える範囲で教えてください。

ブラム「『ハロウィン KILLS』が前作より激しくなったように、次もこれを上回るものになります。ゴア描写もより多くなるんじゃないかな?」

グリーン「僕の映画はいつもそうなんですが、作っていくなかで変化していくんです。脚本、撮影、編集と作業を進めるうちに変わっていくのですが、これだけは言えます。今回僕らはコミュニティの混乱をつくり出した。完結編ではそれが解決します。そして、ローリーとマイケル・マイヤーズの関係の物語が完結するんです」

ローリーとマイケル、因縁の対決の行方は…
ローリーとマイケル、因縁の対決の行方は…[c]UNIVERSAL STUDIOS

構成・文/相馬学


マスクの奥に隠された、“進化した恐怖”の正体を暴け!『ハロウィン KILLS』特集
【PR】

関連作品