『DUNE/デューン』出演のチャン・チェンが語る“台湾3大巨匠”との思い出。是枝監督とカンヌ以来のトークが実現|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/11/6 14:30

『DUNE/デューン』出演のチャン・チェンが語る“台湾3大巨匠”との思い出。是枝監督とカンヌ以来のトークが実現

現在開催中の第34回東京国際映画祭で、昨年に引き続き開催されている「トークシリーズ@アジア交流ラウンジ」。東京国際映画祭と国際交流基金アジアセンターの共催のもと、アジアをはじめとした世界を代表する映画人と、日本の第一線で活躍する映画人が様々なテーマでトークを展開していく。

11月1日に行われた第2回では、本企画の発案者で検討チームの一員である是枝裕和監督が登壇し、『DUNE/デューン 砂の惑星』(公開中)でハリウッド大作デビューを果たした台湾の名優チャン・チェンがオンライン参加。チェンがこれまでタッグを組んできた台湾を代表する3人の巨匠、エドワード・ヤン監督とウォン・カーウァイ監督、ホウ・シャオシェン監督とのエピソードについて語り合った。

【写真を見る】『牯嶺街少年殺人事件』で鮮烈すぎるデビューを飾り、国際的な活躍を続けるチャン・チェン
【写真を見る】『牯嶺街少年殺人事件』で鮮烈すぎるデビューを飾り、国際的な活躍を続けるチャン・チェン

1976年に台北で生まれたチャン・チェンは、エドワード・ヤン監督の『牯嶺街少年殺人事件』(91)で俳優デビューを果たし、以後ウォン・カーウァイ監督の『ブエノスアイレス』(97)やアン・リー監督の『グリーン・デスティニー』(00)、ジョン・ウー監督の「レッドクリフ」シリーズなど、アジアの名だたる監督の作品に相次いで出演。また、行定勲監督の『遠くの空に消えた』(07)や上田義彦監督の『椿の庭』(21)など日本映画にも出演し、まさにアジアを股にかけて活躍を続けている。

なお、イベント序盤はオンライン参加であるチャン・チェン側の回線に不具合が生じたことから、たびたびコメントが途切れるハプニングに見舞われた。冒頭の挨拶では是枝監督が『万引き家族』(17)で第71回カンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞した際に、審査員として参加していたチェンと授賞式後のパーティで立ち話をしたエピソードや、同じく審査員としてドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が参加していたことがきっかけとなり『DUNE/デューン 砂の惑星』の出演につながったことなどが明かされていく。


そしてチャンは『牯嶺街少年殺人事件』が上映された第4回東京国際映画祭が初めて参加した国際映画祭だったという日本との縁を語ると、「当時のことはあまり覚えてはいないのですが、映画祭後に東京ディズニーランドに行ったことは覚えています」と笑顔で振り返り、近年再評価が急速に進んでいる同作の撮影時を回想。エドワード・ヤン監督からかなり厳しい演技指導を受けたことに触れ、「いま大人になって思い出すと、監督はリアルな反応を撮りたかったのだと感じます」と、早逝の天才監督に思いを馳せていた。

ここからは、イベント中盤以降のトークの模様をお届けしていきたい。


さらなる進化を目指す、「第34回東京国際映画祭」特集

関連作品