ビートたけし原作、大泉洋&柳楽優弥主演『浅草キッド』師弟愛が最高にエモい本予告解禁!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
ビートたけし原作、大泉洋&柳楽優弥主演『浅草キッド』師弟愛が最高にエモい本予告解禁!

映画ニュース 2021/11/2 6:00

ビートたけし原作、大泉洋&柳楽優弥主演『浅草キッド』師弟愛が最高にエモい本予告解禁!

ビートたけしの人気小説を原作に、大泉洋と柳楽優弥が主演を務めるNetflix映画『浅草キッド』(12月9日配信)から、本予告とメインキーアートが到着した。

本作は芸人ビートたけしが誕生するまでを追った青春映画。昭和40年代の浅草を舞台に、たけしが師匠である深見千三郎と過ごした日々を描く。監督&脚本を劇団ひとりが務め、初監督作『青天の霹靂』(14)以来2度目のタッグとなる大泉が深見、柳楽がたけしを演じる。主題歌は桑田佳祐による「Soulコブラツイスト〜魂の悶絶」。

“お笑いの殿堂”と呼ばれていた浅草フランス座で、東八郎や萩本欽一ら数々の人気芸人を育ててきた深見千三郎に弟子入りしたタケシは、成功を夢見て“笑い”の修行に励んでいた。しかし、テレビの普及とともに演芸場に足を運ぶ人は減る一方で…。

予告編は、深見がヤジを飛ばす観客に「芸人だよ、バカヤロー!」と一喝するシーンからスタート。タケシの才能と努力を認め、厳しいながらも深い愛情をもって接する深見と、ひたむきに未来を信じて精進するタケシの様子が映しだされる。しかし、フランス座の経営が悪化し、閉鎖を勧められた深見が「あいつに全部を教えるまでは、ここをたたむわけにいかねえんだ」と拒否する一方、タケシはテレビの時代を見据え、漫才の道に足を踏み入れることを決心する。


あわせて解禁されたメインキーアートでは、真っ赤な幕からひょっこり顔を出した深見と、同じく顔を出しながら親しみを込めて師匠を見上げるタケシの姿が切り取られ、昭和の浅草を軸に織りなされる人情劇に期待感が高まる。

強い絆で結ばれた師弟愛に胸が熱くなる『浅草キッド』。人気実力派俳優の競演による天才誕生秘話を楽しみに待ちたい。

文/足立美由紀