中島健人「本がビショビショになるくらい泣いた」純白スーツで登場、『桜のような僕の恋人』との出会い明かす|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
中島健人「本がビショビショになるくらい泣いた」純白スーツで登場、『桜のような僕の恋人』との出会い明かす

イベント 2021/11/10 20:20

中島健人「本がビショビショになるくらい泣いた」純白スーツで登場、『桜のような僕の恋人』との出会い明かす

2021年秋以降の作品ラインナップを一挙に発表する「Netflix Festival Japan 2021」<ライブアクションDay>が11月10日に開催された。60万部突破の大ヒット恋愛小説を映画化する『桜のような僕の恋人』(2022年3月24日よりNetflix全世界独占配信)からは、中島健人、松本穂香、深川栄洋監督が登壇。もともと原作ファンだったという中島が「本がビショビショになるくらい泣いてしまった」と原作と出会った時の感動を明かした。

『桜のような僕の恋人』は、中島演じる朝倉晴人と、「人の何十倍も早く老いていく」という難病を発症した有明美咲(松本)との恋をつづる儚くも美しいラブストーリー。

『桜のような僕の恋人』で中島健人と松本穂香が初共演
『桜のような僕の恋人』で中島健人と松本穂香が初共演

中島は「小説のなかですてきな恋愛ができないかなと思って、書店を巡っていた」そうで、「数ある本のなかでもっとも目を引いた表紙がこの本だった。いざ読んでみたら本当に感動。本がビショビショになるくらい泣いてしまった。こんなすてきな本に巡り会えたのは人生で初めてだなと思った」というくらい衝撃的な出会いを果たしたという。ファンだった原作の実写化のオファーが舞い込み、「びっくりしました。僕に桜が咲くんだと思いました」と笑顔を見せていた。

恋人同士を演じた中島と松本は本作が初共演。中島が「常に美咲さんとして現場に立ってくださっていた。晴人として見惚れながら…。3か月くらいの撮影で、ちょうど会えない期間がある。でもラブストーリーで大切なことって、会えない時間もいかに相手のことを思うかだと思うので。常に思いを馳せながら、その3か月間は生きていました」と撮影を振り返る。


松本は「普段の健人くんはプロという感じでとてもしっかりしていてキラキラしている。晴人くんの期間は、ずっと晴人くん。キラキラをなくして現場に立っていた。健人くんのおかげでとして生きることができた」とお互いに役柄にぴったりだったと語っていた。