マーベル大ファンのIMALUが語るMCU音楽の魅力「『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『ブラックパンサー』は音楽が作品を象徴している!」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2021/11/13 19:00

マーベル大ファンのIMALUが語るMCU音楽の魅力「『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『ブラックパンサー』は音楽が作品を象徴している!」

アイアンマンやキャプテン・アメリカなどアベンジャーズ誕生の遥か昔から地球に存在し、ディヴィアンツと呼ばれる敵から密かに人類を見守ってきた最強ヒーローチームの活躍を描く、マーベル・スタジオ最新作『エターナルズ』(公開中)。本作の公開にあわせ、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の大ファンを公言しているタレントのIMALUにインタビューを実施した。

 公開中の『エターナルズ』について「MCUファンがしっかり楽しめる要素ももちろんある」
公開中の『エターナルズ』について「MCUファンがしっかり楽しめる要素ももちろんある」撮影/野崎航正

MCU作品はヒーローたちの個性が光る“アクション”や“人間ドラマ”が魅力的だが、同時にヒーローたちの活躍に彩りを与える“音楽”もまた魅力の一つと言えるだろう。オリジナルの劇伴や歌だけでなく、往年の名曲を取り入れるなど、それぞれの作品の個性をより色濃く際立たせている。IMALUから公開直後の『エターナルズ』の感想と共に、MCU作品を彩る音楽の魅力をたっぷりと語ってもらった。

「『エターナルズ』がきっかけでMCUファンが増えてくれたらうれしい」

『エターナルズ』のメガホンをとったのは、『ノマドランド』(20)でアジア系女性監督として初めてアカデミー賞監督賞を受賞したクロエ・ジャオ。リアルで人間味あふれるドキュメンタリーのような『ノマドランド』に対し、『エターナルズ』は迫力あるアクション・エンタテインメントに仕上がっている。もちろん、『ノマドランド』も鑑賞済みのIMALUは、「同じ監督なの?と目を疑った」とジャオ監督の表現の幅に感嘆した。

7000年にわたり人智を超えた力で人類を密かに見守ってきた、10人の守護者がついに姿を現す(『エターナルズ』)
7000年にわたり人智を超えた力で人類を密かに見守ってきた、10人の守護者がついに姿を現す(『エターナルズ』)[c]Marvel Studios 2021

また、『エターナルズ』は「MCU初心者にもオススメできる作品」とも話す。目からレーザービームを放つ最強の戦士イカリス(リチャード・マッデン)、物質を変換させる能力を持つセルシ(ジェンマ・チャン)、思い描いた武器を具現化できる女戦士セナ(アンジェリーナ・ジョリー)、怪力を誇るギルガメッシュ(マ・ドンソク)ら本作に登場する10人の戦士は、MCU初登場のキャラクターだ。そんな彼らがアベンジャーズとサノスの戦いのあとに訪れた地球の危機に挑む。そのため本作はMCUシリーズの膨大な作品数を前もって鑑賞せずとも入りやすく、「『エターナルズ』がきっかけでMCUファンが増えてくれたらうれしい」とファンの鏡ともいえる言葉を口にした。一方で初心者だけでなく、「MCUファンがしっかり楽しめる要素ももちろんある」という。

「MCUのキャラクターは強さだけじゃなくて、弱い部分や欠点といった人間味があるのも魅力の一つだと思っています。エターナルズはほかのMCUキャラクターと比較すると神様みたいなレベルの存在だけど、ドラマのなかに、ひとりひとりの葛藤がしっかり描かれている。“MCUのキャラクターっぽさ”をしっかり感じられました。エターナルズの10人のキャラクターたちはみんなとても魅力的でした」


エターナルズのメンバーそれぞれの葛藤やぶつかり合いも見どころ(『エターナルズ』)
エターナルズのメンバーそれぞれの葛藤やぶつかり合いも見どころ(『エターナルズ』)[c]Marvel Studios 2021


■ディズニープラスについて
ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービス。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作・話題作に加え、大人が楽しめるドラマや映画も。さらにオリジナル作品も見放題。


音楽も映画も、もっと楽しもう!ディズニーミュージック特集【PR】

関連作品