林遣都がファッショナブルな小松菜奈を「どこかの星の王女みたい」『恋する寄生虫』舞台挨拶開催!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/11/13 15:31

林遣都がファッショナブルな小松菜奈を「どこかの星の王女みたい」『恋する寄生虫』舞台挨拶開催!

三秋縋の同名小説を、林遣都と小松菜奈のW主演で映画化した『恋する寄生虫』(公開中)の公開記念舞台挨拶が11月13日に新宿バルト9で開催され、林、小松、井浦新、石橋凌、柿本ケンサク監督が登壇。クロストークでは、映画に合わせ、撮影中に見つけた林と小松の“異色”な一面についての話題で盛り上がった。

『恋する寄生虫』は、孤独な2人が「虫」によって「恋」の病に落ちていくという、臆病者たちの切なくも美しいラブストーリー。CMやミュージックビデオなどをはじめ、大河ドラマ「青天を衝け」のタイトルバック映像も制作した柿本監督がメガホンをとった。

高坂賢吾役の林遣都
高坂賢吾役の林遣都

井浦は、林について「2人きりで車に乗っているシーンで、僕は遣都くんの素の笑顔を見たいと思ったのですが、お芝居以外、まったく会話が出なくて。僕はつんつんやるんですが、『はい』『そうですね』しか返ってこない。遣都くん、“コミュ障”入ってらっしゃるなと。僕もどちらかというとそっちタイプですが、僕のほうが年上だから壁を崩さなきゃと思っていたけど、まったく崩せませんでした。自分の負け」と林をいじる。

林は「いやあ」とタジタジになりつつ「新さんは、自分がお仕事を始めた時から見ていた役者さんですし。前にご一緒させていただいた現場での印象も、ヤバい役作りの役者さんというイメージがありまして。だからいまだに緊張感はありますね」と恐縮した。

佐薙ひじり役の小松菜奈
佐薙ひじり役の小松菜奈

小松は林と長期間のプロモーションで一緒だったので「意外なところを見つけました」といたずらっぽい笑みを見せる。
「遣都さん、本を読みそうで読まないんです。私も読まないほうなので、安心しました。でも、遣都さんのお気に入りの1冊がすごく分厚くて『途中でやっぱり眠くなっちゃうんだよね』と言ってました」とチクると、林は「それってけっこうマイナスイメージでは」とツッコみ、会場は大爆笑。

石橋も林について「息子と父親役で共演した時から、壁が厚かったし、今回も現場に行くとそうでした。でも、今日は朝からにこやかです」とうれしそうに語った。

続けて小松について石橋は「菜奈さんは、初めてご一緒しました。僕は家を出ていこうとする孫娘(小松)を止めるおじいさん役で、思い切り力をこめてもみあうシーンを撮りました。意外なところは、小松菜奈は屈強で頑丈であるところです」とコメント。小松も「私は頑丈で丈夫です」と笑顔でうなずいた。

林は小松の異色な面について「女優さんとしての存在感が異色。でも、お話をしてみると、とってもいい意味で普通の感覚を持った接しやすい方」と言ったあと「いつも驚かされるのは衣装です。今日も『スター・ウォーズ』に出てきそうなどこかの星の王女みたいな格好ですよね。菜奈ちゃんと宣伝活動をさせていただくなか、僕のスタイリストさんが『菜奈ちゃんと並んでかすまない林で行こう』と言ってました」と言って会場の笑いを取る。

手を振る5人

小松は「知りませんでした!でも、遣都さんも今日は寄生虫みたいな模様なので、一緒だなと」と笑顔を見せた。

最後に小松が「閉園してしまった豊島園に、ヴィーナスフォートもそうなるとお聞きしましたが、私たちもすごく撮影でお世話になった場所で、その最後をこの作品で残すことができて良かったなと。また、私も25歳で、制服姿は正直きついなと思ったのですが、それもこの作品で見納めなので、いろんな意味で最後のものをお楽しみください」とアピール。

林も「まだまだ息苦しく感じることも少なくない日々ですが、この映画の登場人物のように、大切なものに目を向けて、温もりを感じたり、身近にあるささやかな幸せを感じて、一緒に頑張って生きていきましょう」と訴えた。

取材・文/山崎伸子