豊川悦司×中村倫也「No Activity/本日も異状なし」Prime Videoよりカオスな本予告が解禁!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/11/17 6:00

豊川悦司×中村倫也「No Activity/本日も異状なし」Prime Videoよりカオスな本予告が解禁!

豊川悦司主演、中村倫也共演の連続ドラマ「No Activity/本日も異状なし」。Amazon Prime Videoにて12月17日(金)より独占配信される同作より、本予告と場面写真が到着した。

【写真を見る】型破りな刑事に扮する豊川悦司と中村倫也の“迷バディっぷり”に注目!
【写真を見る】型破りな刑事に扮する豊川悦司と中村倫也の“迷バディっぷり”に注目![c]2021 Amazon Content Services LLC

本作は、オーストラリアで大ヒットしたコメディドラマを豪華なキャストとスタッフ陣で日本版としてリメイクした、新感覚のコメディ&刑事ドラマ。麻薬捜査の張り込み現場、警視庁無線連絡室、人質が囚われている取引現場の3か所を舞台に、ユーモアあふれる会話劇全6話が一挙配信される。豊川がハッタリだらけのベテラン刑事の時田信吾、中村が刺激を求めるイマドキな新米刑事の椎名遊に扮し、監督を『東京リベンジャーズ』(21)の英勉、脚本をシソンヌのじろうが務める。さらに警視庁無線連絡室の指令官を木村佳乃と清野菜名が演じるほか、岸谷五朗、岡山天音、岸井ゆきのがそれぞれ小悪党、犯罪ストーカー、人質役として脇を固めた。

本予告は、時田と椎名が緊急事態で出動するシーンからスタート。銃を撃ったことがあるかと尋ねる椎名に「イメージはできている」とうそぶく時田のしたり顔や、指令官たち、犯人&人質らの自由奔放な姿が映しだされる。しかし彼らが国際的な麻薬取引という大事件に巻き込まれたことで、次第に事態がカオス化していく。あわせて解禁された場面写真では、それぞれの“持ち場”での様子が切り取られ、期待感が煽られる。

豊川は「じろうさんの脚本が秀逸でした。個性あふれる登場人物たちのやり取りと、彼らが織りなす先の読めない物語を楽しんで頂きたいです」と語っている。


豊川と中村による型破りなバディがシニカルな笑いを誘う「No Activity/本日も異状なし」。一癖も二癖もある登場人物たちが織りなす前代未聞のクライムストーリーを堪能したい。

文/足立美由紀