ヘンリー王子夫妻、エリザベス女王からのクリスマスの招待を拒否!?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

セレブリティ 2021/11/19 17:30

ヘンリー王子夫妻、エリザベス女王からのクリスマスの招待を拒否!?

英王室のサセックス公爵夫人の名を使って“人道活動”の名のもとに米国の政治家に電話や書簡を送り、今月に入ってからは、米国ベテランズ・デーの式典、NYT Dealbookのトークイベント、さらに米「エレンの部屋」に出演するなど、米国で意のままの人生を歩み始めたメーガン妃。また自らの現在の状況を“アメリカンドリーム”と豪語するヘンリー王子も、クリスマスに渡英しない意向のようだ。

9月にはニューヨークを訪問し、ワクチン分配の平等を訴えたヘンリー王子夫妻
9月にはニューヨークを訪問し、ワクチン分配の平等を訴えたヘンリー王子夫妻写真:SPLASH/アフロ

昨年はコロナ禍により一族でクリスマスを過ごせず、エリザベス女王はフィリップ王配と限られた側近たちだけでウィンザー城で過ごしたが、今年のエリザベス女王は一縷の望みをかけてヘンリー王子一家を招待し、一族で集うクリスマスを夢見ていたようだ。

しかし「一家のクリスマスの準備が始まっているので、ヘンリー王子一家が出席しないことはスタッフたちの周知の事実になっています。来るのであれば、もうこの時期には家族と連絡を取り合っているはずです。エリザベス女王にとってフィリップ王配のいない初めてのクリスマスなので、ヘンリー王子一家が来てくれることに望みを持っていたのですが」。さらに「恐らく夫妻は、渡英することでメディアの餌食になることを避けたいのでしょうが、早くしっかりとケリをつけて前に進んでいかなければなりません」と複数の王室関係者が「Page Six」などに語っている。ヘンリー王子が、エリザベス女王が一晩入院した際に動転し、後悔の念を抱いたという報道もあったが、一体なんだったのか。

エリザベス女王は毎年、ツリーや家族写真と共にクリスマスのスピーチを行っている
エリザベス女王は毎年、ツリーや家族写真と共にクリスマスのスピーチを行っている画像はThe Royal Family(@theroyalfamily)公式Instagramのスクリーンショット

エリザベス女王はCOP26も欠席し、チャールズ皇太子が「元気だ。出席する」と語っていたリメンバランス・サンデーも直前にぎっくり腰で欠席している。すでにウィンザー城での公務は開始しており重症ではなかったようだが、チャールズ皇太子は外遊先のヨルダンで「元気だが、95歳という年齢を考えればいろいろある」と語っていたように、明日はわからない年齢と言っても過言ではない。それにもかかわらず、ヘンリー王子一家が渡英しないとなると、毎年恒例で開催されるエリザベス女王主催のクリスマス・ランチョンにも欠席となる。ヘンリー王子夫妻は、2018年のランチョンに出席したものの、王室離脱前の2019年のクリスマスはカナダで過ごしている。

2018年のクリスマス・ランチョンに出席したヘンリー王子夫妻
2018年のクリスマス・ランチョンに出席したヘンリー王子夫妻写真:SPLASH/アフロ


エリザベス女王は、6月4日に誕生した夫妻の長女リリベットにも会えないままだが「夫妻は2022年の6月2日から5日まで開催される、歴代最長の在位年数である即位70周年を讃える祝賀行事“プラチナジュビリー”には出席する予定になっています。ヘンリー王子は離脱後、すでに2回渡英していますが、クリスマスに渡英しないとなると、メーガン妃はこの時が初めての渡英となり、せっかくのお祝いムードがエリザベス女王の心痛となる、最悪の事態となるでしょう」と関係者は語っている。

文/JUNKO