レディー・ガガが悪女を熱演!リドリー・スコット監督作『ハウス・オブ・グッチ』最新映像&本ポスター披露|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/11/19 10:00

レディー・ガガが悪女を熱演!リドリー・スコット監督作『ハウス・オブ・グッチ』最新映像&本ポスター披露

レディー・ガガ主演、リドリー・スコット監督で、世界的ファッション・ブランド「GUCCIの、創始者一族の闇を描くサスペンス映画『ハウス・オブ・グッチ』(2022年1月14日公開)。このたび、本作より最新映像と本ポスターが解禁となった。

1995年の3月27日、イタリアのミラノで実際に起こった「GUCCI」創業者の孫、3代目社長であるマウリツィオ・グッチの暗殺事件にまつわる衝撃の真実を描く本作。『最後の決闘裁判』、『ブレードランナー 2049』の名匠リドリー・スコットがメガホンをとり、グッチ家崩壊を招いた張本人パトリツィア・レッジャーニを歌手のみならず女優としても活躍するレディー・ガガが演じる。暗殺されるパトリツィアの夫マウリツィオ役で「スター・ウォーズ」シリーズなどのアダム・ドライバー、マウリツィオの父ロドルフォ役でジェレミー・アイアンズが出演するほか、アル・パチーノ、ジャレッド・レト、サルマ・ハエックら実力派キャスト陣が集結。

このたび解禁された最新映像は、パトリツィア(レディー・ガガ)の視点から展開。夫のマウリツィオ(ドライバー)とともに、アルド(アル・パチーノ)一家の豪邸を訪れ、彼らの富、スタイル、権力に対する野心を覗かせる。やがてグッチ一族の衰退と比例しながら発言力と地位を強めていくが、アルドに「グッチとは私の発言そのもの。女の出る幕はない」と言い放たれ、夫を含めた一族から一気に距離を置かれ始める。映像終盤、パトリツィアは占い師のピーナ(ハエック)らと犯行へと向かって運命の舵を切っていく。

また、緑の背景に赤い衣装のパトリツィアを印象的に配置した本ポスターも解禁されている。「(本作の役作りのために)イタリア語なまりの英語を半年もの間訓練し、ジャーナリストのごとくパトリツィアの人生を掘り下げた」と役に入り切ったことを語っているレディー・ガガの表情は迫力満点だ。


パトリツィアとマウリツィオの結婚から、約30年にわたるマウリツィオ暗殺への運命と、グッチ一族の崩壊の真実はどのように描かれるのか?悪女パトリツィアを熱演するレディー・ガガにも注目しつつ、本作の公開を楽しみに待ちたい。

文/鈴木レイヤ

関連作品