生田斗真、実弟・生田竜聖からのダメ出しに苦笑!ド派手衣装で『土竜の唄 FINAL』初日舞台挨拶|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/11/19 21:22

生田斗真、実弟・生田竜聖からのダメ出しに苦笑!ド派手衣装で『土竜の唄 FINAL』初日舞台挨拶

生田斗真主演映画『土竜の唄 FINAL』の初日舞台挨拶が、11月18日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、生田、鈴木亮平、滝沢カレン、仲里依紗、堤真一、三池崇史監督、宮藤官九郎(脚本)が登壇。生田は「この日のためにゴールドの衣装を作ってもらいました。でも、お目々のトラブルに遭ってしまって」とゴールドのスーツとサングラスで登場した。

『土竜の唄 FINAL』は、高橋のぼるの人気コミックを実写映画化した人気シリーズ最新作にして最終章。ちょっぴりスケベだが真っ直ぐで熱すぎる警察官の菊川玲二(生田)が、潜入捜査官<通称:モグラ>に任命され、最凶のヤクザ組織に潜り込む。FINALのクライマックスでは、豪華客船を舞台に、玲二たちが大暴れする。


菊川玲二役の生田斗真
菊川玲二役の生田斗真

生田は「本当にこれがファイナルです。最後だかんね!見逃してほしくないです」とアピールしたあと「大谷翔平さんがMVPを獲りました。我々も本気で作った“MGR”『土竜』も宜しくお願いします」と言って、会場の笑いをとった。

また、この日MCを務めたのは生田の弟でフジテレビアナウンサーの生田竜聖。「兄の主演映画の進行としてここに立てるなんて感無量です」と言いつつも、ひと言挨拶をフライングでしてしまった兄にツッコミを入れると、生田斗真は「焦っちゃいました。ダメ出しはあとでお願いします」と苦笑いした。

また、ピンクのドットのワンピースというド派手な衣装をまとった仲は「今日は初日でおめでたいので、イメージはお赤飯です。(今日の衣装は)ゴールドしばりだったので、いっぱい髪の毛に(ゴールドを)付けてきました」とアピール。

【写真を見る】生田斗真の弟で、アナウンサーの生田竜聖が進行役に!
【写真を見る】生田斗真の弟で、アナウンサーの生田竜聖が進行役に!

鈴木はインパクト大のファッションをまとった仲を見て「ゴールドというか、ピンクじゃないですか。ゴールドに目がいかないのよ。ピンクと青がすごすぎて」とツッコみ、会場は大爆笑となった。

また、三池監督はシリーズ1作目の舞台挨拶を振り返り、「大雪の日で、生田斗真くんも自力で地下鉄で来たんです。今日、満員のお客様を見て思い出しました。8年経って、本当の意味でのファイナルです。やり通せて、すてきなキスシーンを2つもとれて監督としても幸せを感じてます」としみじみ語る。

生田斗真も「パート1を撮った時は、まさかシリーズものになるとは思ってなくて」とうなずき「パート2ができて、ファイナルまで制作することができて、夢のようにうれしく思います」と言うと、生田竜聖も「裸の兄を劇場で観て、このまま兄はどこに向かっていくのかと思っていましたが、こうやっていろんな人に愛されて、ファイナルということで、うれしく思ってます。また、私もアナウンサーとしてちょっとだけ出ています」とコメント。

全員でフォトセッション
全員でフォトセッション

生田斗真は、弟の撮影を振り返り「緊張しすぎだよ。硬かったなあ」と弟をいじると、三池監督もうなずき「本職のアナウンサーがアナウンサー役ということで『任せてください』と言っていたのに、1行目でかんでました」とツッコむと、生田竜聖は「その節は失礼しました」と恐縮した。

最後に生田は本作について「この映画はとにかく笑えて楽しい映画です。劇場でごらんになって、明日からの学校やバイト、お勉強とか、がんばれる糧にしてもらえたら。宜しくお願いします!」と締めくくった。

取材・文/山崎伸子