GENERATIONS白濱亜嵐、SABU監督からの花束贈呈に号泣!?「挑戦し続ける7人でありたい」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/11/27 19:59

GENERATIONS白濱亜嵐、SABU監督からの花束贈呈に号泣!?「挑戦し続ける7人でありたい」

作詞家、小竹正人の詞の世界観を映像化するCINEMA FIGHTERS project第4弾『昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-』(公開中)の公開記念舞台挨拶が11月27日にTOHOシネマズ六本木にて開催され、GENERATIONS from EXILE TRIBE、SABU監督、山下敦弘監督、森義隆監督、真利子哲也監督、久保茂昭監督が登壇した。

【写真を見る】GENERATIONSと豪華監督陣登壇の舞台挨拶の様子
【写真を見る】GENERATIONSと豪華監督陣登壇の舞台挨拶の様子

リリックから生まれた6つの短編に、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーが全員参加。SABU、新城毅彦、山下敦弘、森義隆、真利子哲也、久保茂昭というそうそうたるメンバーが監督を務め、GENERATIONSの“いま”を切り取った。映画と音楽の力を一つに融合させた短編集となっている。

「BLUE BIRD」主演の佐野玲於
「BLUE BIRD」主演の佐野玲於

「BLUE BIRD」主演の佐野玲於が演じたのは、仲の良い兄弟の兄ケンジ役。「僕は一人っ子ですが、ダンスを通して知り合ってきたお兄ちゃん的存在の方たちの中から、ケンジに近いドジなタイプの先輩を思い浮かべて演じました」と役作りを明かした佐野の言葉に、SABU監督は「弟のような気持ちでケンジを見ていたというのは、全然気づかなかったです」とコメントした。
SABU監督には怖いイメージがあったという佐野。「いろいろな話もできて、印象は180度変わりました。近い距離で現場に入ることができて良かったです」と笑顔を浮かべた。撮影を振り返りSABU監督は「缶バッジをはじくシーンの撮影で、“(予備がないから)軽くはじいて練習してね”とお願いしたのですが、1発目でポチャっと池の中に落としていました(笑)」と暴露。佐野は「監督の言葉が“ふり”のように感じて、やっちゃいました(笑)」と苦笑いしていた。


「言えない二人」主演の白濱亜嵐は、小森隼や中務裕太の役者としての姿は想像がつかなかったという。「こんな表情ができるんだ、こんな芝居をするんだ」と新たな一面を発見し、刺激を受けたことを明かした。続けて「メンディーくんは憑依型の役者で、朝から役に入っているタイプ。共演経験はあるのですが、いまは共演NGとしています、僕が食われちゃうんで(笑)」と冗談混じりで褒め、会場の笑いを誘った。白濱の印象について山下監督は「僕はひねくれたタイプなので、白濱くんの裏の顔を引き出そうとしていました」とシナリオを書く前に2人で話をしたことに触れ、「裏の顔が出てこないので、このままの白濱くんのイメージでと決め、シナリオを描き始めました」と、キャラクターに白濱のイメージを反映させていることを明かしていた。

「水のない海」主演の小森は「配達バッグを背負い自転車の前輪にカメラをつけた状態で“じゃあ、走ってきて”と言われて(笑)。OSと会話しながら1人で渋谷の街を走り、耳から聞こえる声に反応する。こういう未来はアリそうだなと思いました」と撮影を振り返った。渋谷での撮影は、多くの知り合いに目撃されたそう。「配達バッグ背負って走ってたよね?”とたくさんの知り合いから言われて(笑)。通勤時間の撮影だったので、多くの人に見られたと思いますが、それだけ日常に溶け込んでいる役だと分かって、おもしろかったです」と微笑んだ。

「水のない海」主演の小森隼
「水のない海」主演の小森隼

コロナの影響で撮影が延期。久保監督は「いままで見たことのない隼を表現したいという気持ちがあり、一緒に話し合って決めました」と今回のストーリーに至った経緯を説明。小森は「出会って10年以上の関係。久保監督は僕のことをよく知っているし、意思の疎通はバッチリ。こういうビジョンだろうなというのは、話さなくても分かるのでとてもやりやすかったです」と感謝を伝えた。

関連作品