立木文彦が「仮面ライダー」冬映画にショッカー幹部役で“出演”!レジェンド声優たちも強敵役で勢ぞろい|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/12/5 9:30

立木文彦が「仮面ライダー」冬映画にショッカー幹部役で“出演”!レジェンド声優たちも強敵役で勢ぞろい

実力派声優の立木文彦が俳優として、12月17日(金)公開の『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』に悪の秘密結社ショッカーの幹部役で出演することが決定。あわせて仮面ライダーリバイスらの前に立ちはだかる“悪魔たち”の声を担当する豪華声優陣が発表となった。

【写真を見る】仮面ライダーに立ちはだかる“悪魔たち”の声は、特撮でお馴染みの声優たちが担当
【写真を見る】仮面ライダーに立ちはだかる“悪魔たち”の声は、特撮でお馴染みの声優たちが担当「ビヨンド・ジェネレーションズ」製作委員会[c]石森プロ・テレビ朝日・ADKEM・東映

「仮面ライダー」が誕生した1971年と現代の2021年、そして荒廃した2071年の3つの時代を舞台に繰り広げられる戦いを描く本作。先日には、仮面ライダー1号/本郷猛役として藤岡弘、の息子である藤岡真威人の出演が発表。父直伝の変身ポーズを披露するメイキング映像が公開され、大きな話題を集めた。

このたび出演が発表された立木は、これまで「仮面ライダークウガ」「仮面ライダーW」などで声優としてシリーズを支えてきた。本作では1971年から2021年にやってきたショッカー研究員の百瀬龍之介(中尾明慶)と研究を共にするショッカー幹部として、仮面ライダーの前にたちはだかる。

また、ある封印が解けて現れるディアブロ役の声優には「仮面ライダー鎧武」などで声優を務めた上田燿司。ディアブロの体内から生まれる4人の悪魔、ヒミコ・クリスパー役には「仮面ライダー龍騎」で主題歌を担当した松本梨香、クフ・クリスパー役には「獣電戦隊キョウリュウジャー」の森川智之、エジソン・クリスパー役には「仮面ライダー電王」や「仮面ライダーキバ」で知られる中尾隆聖。そしてレオニダス・クリスパー役には「特命戦隊ゴーバスターズ」などで声優を務めた玄田哲章が担当。


仮面ライダー50周年のアニバーサリーに相応しく、数々の特撮作品を支えてきたレジェンドたちが敵役として一堂に会する本作。公開まで、ますます期待は高まるばかりだ。

文/久保田 和馬

関連作品