嘘を見抜けなければ即死!?『嘘喰い』騙しあいが生きがいのヤバいキャラたちの場面写真解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/12/12 13:00

嘘を見抜けなければ即死!?『嘘喰い』騙しあいが生きがいのヤバいキャラたちの場面写真解禁

中田秀夫監督&横浜流星主演で映画化される『嘘喰い』(2022年2月11日)。このたび本作より、個性豊かな登場人物たちの場面写真が解禁となった。

【写真を見る】訝しげに貘を見つめる梶の姿も…
【写真を見る】訝しげに貘を見つめる梶の姿も…[c]迫稔雄/集英社[c]2022 映画「嘘喰い」製作委員会

天才ギャンブラー“嘘喰い”こと班目貘が、日本の政財を支配する闇倶楽部“賭郎”に挑み、イカサマ師たちと頭脳心理戦を繰り広げる本作。49巻まで発売され、シリーズ累計880万部を超えるヒット作となった迫稔雄作の原作コミックスを映像化するのは、『リング』(98)、『スマホを落としただけなのに』(18)などを手がけたジャパニーズホラーの名手、中田秀夫監督。また、日曜劇場「DCU」などに出演する若手俳優、横浜流星が斑目を、佐野勇斗が貘の相棒として人生を変えていく青年、梶隆臣を演じる。

このたび解禁となったカットでは、天才ギャンブラー貘とその相棒である隆臣が命賭けのデスゲームに挑む様子が切り取られている。不敵な笑みを浮かべる貘を、怪訝そうに見守る梶のカット、三浦翔平演じるマッドサイエンティスト佐田国一輝と貘が“死のババ抜き”で戦う緊張感溢れるカット。さらには、佐田国にトランプを向け、挑戦的な表情を見せる貘のカット、ビルの屋上にて賭郎の頂点であるお屋形様こと切間創一(櫻井海音)と貘が向きあうカット、決意のこもった顔立ちで貘、梶、闇カジノオーナーの鞍馬蘭子(白石麻衣)が並ぶカットなど、頭脳戦にハラハラさせられるカットが満載となっている。


また、17日(金)には本作の本ポスターおよび本予告の解禁も予定されている。生死を懸けた究極のギャンブルゲームの行方にますます期待が高まる!

文/鈴木レイヤ

関連作品