RADWIMPSの主題歌&山田裕貴、井口理ら追加キャスト解禁!『余命10年』本予告が到着|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
RADWIMPSの主題歌&山田裕貴、井口理ら追加キャスト解禁!『余命10年』本予告が到着

映画ニュース 2021/12/15 7:00

RADWIMPSの主題歌&山田裕貴、井口理ら追加キャスト解禁!『余命10年』本予告が到着

小松菜奈&坂口健太郎がW主演で初共演を果たす『余命10年』の本予告編が到着し、2022年3月4日(金)に公開されることが決定。あわせて同作の豪華共演陣となる追加キャストと本ポスターも解禁された。

【写真を見る】気鋭の制作陣によるエモーショナルな映像にも期待したい!
【写真を見る】気鋭の制作陣によるエモーショナルな映像にも期待したい![c]2022映画「余命10年」製作委員会

同作は2017年の発売以来「切なすぎる」と反響が広がり、50万部を突破した小坂流加原作による同名恋愛小説の映画化。20歳で難病となり、もう恋はしないと心に決めた余命10年の茉莉(小松)と、生きることに迷い、自分の居場所を見失った和人(坂口)の姿が描かれる。同窓会で再会したふたりは惹かれあい、ありふれた日々が嘘のように輝きだすが、彼らには残された時間が限られているのだった。
メガホンを取るのは『新聞記者』(19)や『ヤクザと家族 The Family』(21)の藤井道人監督。脚本は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)、『雪の華』(19)など等身大の若者のラブストーリーを紡ぎだしてきた岡田惠和、渡邉真子が担当している。

予告編にとともにRADWIMPSによる主題歌「うるうびと」も解禁。クランクイン前に野田洋次郎が作り上げ、キャストはもちろんスタッフもこの楽曲を聴いて映画のイメージを作り上げていった重要な楽曲。劇中楽曲もRADWIMPSが手掛けており、RADWIMPSにとっては本作が初の実写映画の劇伴担当となった。

さらに、追加キャストも発表され、茉莉と和人の中学の同級生の富田タケル役には山田裕貴、茉莉の大学時代の親友で本の執筆を進める藤崎沙苗役に奈緒、茉莉と沙苗が大学時代の友人と通うお店の店長、三浦アキラ役にはKing Gnuの井口理、そして茉莉の姉、桔梗には黒木華と演技派&個性派俳優陣が顔をそろえる。さらに、茉莉が通う病院の平田先生役の田中哲司、和人のバイト先の店長、梶原役のリリー・フランキー、茉莉を優しく支える母、百合子役の原日出子、茉莉に対し少し過保護気味で無口な父、明久役の松重豊らが豪華キャストが共演する。

同作の関口大輔エグゼクティブプロデューサーは「長い期間を通して家族のような連帯感に包まれたキャスト陣は、映画で描かれる10年という時間をそれぞれのキャラクターとして表現してくださっています」とコメントし、川合紳二郎プロデューサーは、「主演である小松菜奈さんは、小坂さん(原作者)の生まれ故郷である三島を訪れ、また、小坂家の皆さまから幾度となくお話をお伺いし、全身全霊で高林茉莉役を演じてくださっています」と語っている。


本作のムビチケ前売券(カード)は12月17日(金)より全国の上映劇場にて発売開始(一部劇場除く)。亡くなった著者が自身の一部を投影した茉莉役の小松も、一途な想いで茉莉を変えていく和人役の坂口も渾身の熱演を披露する同作。ただの恋愛映画にとどまらない “涙よりも切ない”とされるラブストーリーの公開が待ち遠しい。

関連作品

  • 余命10年

    4.3
    729
    小坂流加による同名恋愛小説を原作に藤井道人監督&岡田惠和・渡邉真子脚本で映画化