レオス・カラックス監督最新作『アネット』日本公開日が決定!特報&ポスタービジュアルも到着|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
レオス・カラックス監督最新作『アネット』日本公開日が決定!特報&ポスタービジュアルも到着

映画ニュース 2021/12/20 10:00

レオス・カラックス監督最新作『アネット』日本公開日が決定!特報&ポスタービジュアルも到着

2021年第74回カンヌ国際映画祭にて監督賞を受賞したレオス・カラックス9年ぶりの新作映画『アネット』の公開日が2022年4月1日(金)に決定。同作より、特報&ポスタービジュアルが到着した。

本作の主演は、製作プロデューサーも務めたアダム・ドライバーと実力派マリオン・コティヤール。カラックス8年ぶりの新作は、初めて全編英語でミュージカルに挑んだダーク・ファンタジー・ロックオペラとなっている。

解禁となった特報は、アダム演じるヘンリーとマリオン演じるアンの恋の物語から始まる。「初めて恋に落ちた」「彼女が僕を変えたんだ」やがて生まれる二人の子供<アネット>。しかし甘い時間は束の間、その後捉えられているのは<何か>に怯える彼らの姿だったーー。原案も手がけたロン&ラッセル・メイル兄弟によるポップ・バンド、スパークスの音楽をバックに人気スタンダップコメディアンのヘンリーと、一流オペラ歌手のアン、2人の間に生まれたアネットが暗然たるおとぎ話の始まりを予感させる映像となっている。

あわせて解禁となったポスターには「愛がたぎる」という、圧倒的な熱情を感じさせるコピーとともに、二人で手を取って踊り続けるヘンリーとアンの姿が。果たしてこれは現実なのか、それとも……。劇画タッチのビジュアルが、さまざまな憶測を呼ぶ圧巻のビジュアルとなっている。


その卓越した演出力と圧倒的な美的センスによって、常に衝撃を与えつづけてきたカラックスが「父親になってからの映画」とその特別な想いを語る本作には、自身の人生が色濃く反映されていることも見どころになっているという。スパークスがストーリー仕立てのスタジオアルバム「アネット」として構築していた物語が、カラックスの出会いによって映画へと発展した本作。劇中全編を歌で語り、全ての歌をライブ録音したというこだわりにも注目したい。

文/タナカシノブ

関連作品

  • アネット

    3.4
    125
    アダム・ドライバーがプロデューサーを務めたレオス・カラックス監督のミュージカル