「月刊シネコンウォーカー」1月号を配布!デジタル版も公開中|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2022/1/1 18:00

「月刊シネコンウォーカー」1月号を配布!デジタル版も公開中

全国の映画館で配られているインシアターマガジン「月刊シネコンウォーカー」。その「1月号」が本日1月1日より劇場で配布中だ。

表紙は『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』!
表紙は『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』!

今号の表紙を飾ったのは、『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』(4月22日公開)。原作者・鳥山明が脚本・キャラクターデザインを務め、かつて悟空が壊滅させたはずの“レッドリボン軍”や新たな人造人間が登場するなど、期待せずにはいられない一本。

豪華客船で殺人事件が起こる『ナイル殺人事件』
豪華客船で殺人事件が起こる『ナイル殺人事件』

W表紙となっているのは、アガサ・クリスティによる傑作推理小説を映画化した『ナイル殺人事件』(2月25日公開)。ヒット作となった『オリエント急行殺人事件』に続き、ケネス・ブラナーが監督と主演を務め、ワンダーウーマン役で知られるガル・ガドットら豪華キャストが共演した注目作だ。


ほか、「2022年、話題をさらうのはこの映画!」特集として、有村架純と森田剛の共演によるドラマ『前科者』(1月28日公開)、原作ゲームに忠実になったリブート版『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』(1月28日公開)、人気アニメ「宇宙よりも遠い場所」のスタッフが再結集した『グッバイ、ドン・グリーズ!』(2月18日公開)、「トイ・ストーリー」シリーズのバズ・ライトイヤーの誕生の秘密を描く『バズ・ライトイヤー』(7月公開)を紹介している。

また今回も、PCやスマホ、タブレットなどで本誌を読むことができる(一部内容は紙版と異なる場合がございます)デジタル版を配信。ぜひ「月刊シネコンウォーカー」で、次に観たい1本を探してみてほしい。

※新型コロナウイルス感染症の拡大状況やそれに伴う政府の方針などにより、一部地域で映画館の営業時間変更や休業、上映スケジュールが変更となっている場合があります。あらかじめ各劇場の公式HPなどでご確認ください。
※配布劇場により、一部誌面の内容が異なります。あらかじめご了承ください。

文/月刊シネコンウォーカー編集部

関連作品