今井翼、塚本高史、津田健次郎が『TELL ME ~hideと見た景色~』に出演!hide役はギタリストのJUON|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
今井翼、塚本高史、津田健次郎が『TELL ME ~hideと見た景色~』に出演!hide役はギタリストのJUON

映画ニュース 2022/1/19 12:00

今井翼、塚本高史、津田健次郎が『TELL ME ~hideと見た景色~』に出演!hide役はギタリストのJUON

ロックミュージシャンhideが残した音楽を世に届けるために奮闘する弟たちの軌跡を描いた映画『TELL ME ~hideと見た景色~』(2022年夏公開予定)の主演を今井翼が演じることが明らかとなり、共演キャストも発表された。

原作はhideの実弟、松本裕士の著書「兄弟 追憶のhide」(講談社文庫刊)。1998年に急逝したhideの葬儀には約5万人が訪れ、日本中が早すぎる別れに涙し社会現象となった。残されたのは制作途中のアルバム、すでに決定していた全国ツアー、数々のスケジュール。本人不在という異例の状況の中、hideのパーソナルマネージャーを務める弟ヒロシは、hideの意志を形にすべく、hideの共同プロデューサー I.N.A.をはじめとする仲間たちとともに、多くの困難を乗り越えていく。

主人公hideの弟、ヒロシ役を演じる今井は、本作で映画初主演を果たす。hideの共同プロデューサーのI.N.A.役には塚本高史。塚本はhideのドキュメンタリー映画『JUNK STORY』(15)でナレーションを務めている。ロックギタリストのJUONがhide役を、昨年10月期のドラマ「最愛」での好演も話題となった津田健次郎がレコード会社重役の鹿島役を演じる。

駆け出しのマネージャーながら、本人不在のhideプロジェクトを実現すべく奔走するヒロシ役の今井は「中学の生徒手帳にX JAPANの写真を入れていた自分が、この様な機会をいただけることは信じられません」とコメント。さらに「弟であり、更にはアーティストhideのマネージャーとして、純粋で真っ直ぐに生きる彼の姿を誰よりも近くで見てきた裕士さんの想いや意志を胸に、丁寧に描かせていただきます」と意気込みを語っている。I.N.A.役の塚本は「監督とディスカッションしながら、みんなで恥ずかしくないものをhideちゃんに届けたい」と思いを明かしている。JUONは「同じギタリストとして感じる全てを全力で注ぎたいと思っています!」と気合十分の様子。津田は「90年代を駆け抜けたhideさんの映画。今、彼の物語は、音楽はどう響くのでしょう。どんな映画になるのか僕も楽しみにしております」と、自身も映画の仕上がりに期待を寄せているようだ。


撮影開始を控えたキャスト陣のコメントからも熱い想いが感じられる本作。純粋でまっすぐ生きるhideの姿、hideが残した音楽、想い、意志が強く伝わる作品となりそうだ。