永野芽郁が清純派イメージを封印してやさぐれOLを熱演!「マイ・ブロークン・マリコ」映画化決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
永野芽郁が清純派イメージを封印してやさぐれOLを熱演!「マイ・ブロークン・マリコ」映画化決定

映画ニュース 2022/1/21 7:00

永野芽郁が清純派イメージを封印してやさぐれOLを熱演!「マイ・ブロークン・マリコ」映画化決定

2019年にオンラインコミック「COMIC BRIDGE」で連載され、話題となった平庫ワカの人気コミックが『マイ・ブロークン・マリコ』のタイトルで映画化決定。監督は『ロマンスドール』(20)、『浜の朝日と嘘つきどもと』(21)のタナダユキ、『そして、バトンは渡された』(21)の永野芽郁が主演を務めることもわかった。

本作は、親友マリコの遺骨を持って旅に出ることになったシイノトモヨを主人公とする物語。彼女の旅路と共依存ともいえるマリコとの関係を、過去と現在を行き来しながら描く。

永野が扮するシイノは、鬱屈した毎日を送るやさぐれたOLという役どころ。タバコをふかし、荒々しい口調や態度で人間味溢れる主人公を全身で表現した永野は、「日々体の芯が熱くなるのを感じながら、心から声を出しました。いままでにない私を観ていただけると思います」とコメント。そんな永野の熱演をタナダ監督は「シイノとして生きる永野芽郁さんに心が揺さぶられる瞬間が幾度となくありました」と絶賛し、平庫も「どう映像化されどう解釈されどう映画になっていくのか、とても楽しみ」と期待を寄せている。


映画の撮影は完了しており、今年秋に全国公開予定。永野が清純派のイメージを一切封印して挑む、異色の人間ドラマの公開を楽しみに待ちたい。