ベストテンをランキングで発表!「映画ファンが選ぶ、ベスト映画2021」の結果は?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
ベストテンをランキングで発表!「映画ファンが選ぶ、ベスト映画2021」の結果は?

コラム 2022/1/27 21:00

ベストテンをランキングで発表!「映画ファンが選ぶ、ベスト映画2021」の結果は?

日本の歴代興収新記録を叩きだした『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(20)によって、コロナ禍で大きなダメージを受けた映画業界全体が復活しようとしていた矢先、またしても都市部の映画館の大多数が休業を余儀なくされた上半期。そしてハリウッドの大作映画や公開延期となっていた作品が相次いで公開され、ふたたび映画館に活気が戻ってきた下半期。動画配信が主流となった2021年は、映画館が存在することの意義を多くの人が痛感する一年になったのではないだろうか。

MOVIE WALKER PRESSでは昨年末より、毎年恒例となったスペシャルサイト「映画人が選ぶ、ベスト映画2021」を開設し、多くの映画監督・俳優らに2021年に観て“グッと来た映画”を教えてもらっている(回答は今後も順次追加予定)。

そのスタートにあわせ「映画ファンが選ぶ、ベスト映画2021」と題して、ユーザーの皆様からも投稿を募集。本稿ではそのなかから多くの投稿が寄せられた10作品をランキング形式で紹介し、印象的なコメントの抜粋とあわせて発表していきたい。

2021年は“林遣都イヤー”!主演作2本が上位を席巻

【写真を見る】2021年に最も映画ファンから支持されたのは、犬と人間の絆を描いた『犬部!』
【写真を見る】2021年に最も映画ファンから支持されたのは、犬と人間の絆を描いた『犬部!』『犬部』 発売中 Blu-ray(豪華版)7480円(税込)/DVD(通常版)5280円(税込) 発売・販売元:VAP [c]2021『犬部!』製作委員会

もっとも多くの投稿を集め、見事「映画ファンが選ぶ、ベスト映画2021」の第1位に輝いたのは、林遣都が主演を務め、中川大志や大原櫻子らが共演した『犬部!』(21)。片野ゆかの「北里大学獣医学部 犬部!」を原案に、大学で動物保護サークルを立ち上げる学生たちの奮闘と、大人になった彼らが新たな問題に直面する姿を描いた青春ドラマだ。

「タイトルの明るさからは意外なほど、多頭飼育や保護犬猫の問題を真摯に取り上げ、辛い場面もありますが、同時に一途に犬好きに邁進する若者たちの青春ムービーにもなっていて、重いテーマを、明るく見せてくれます」(50代・女性)

「動物のために人生をかけて活動する主人公と仲間たちに心を打たれました。この映画をきっかけに少しでも多くの動物たちが幸せになることを願っています」(20代・女性)

「林遣都さんの主演という事で興味を持った映画でしたが、動物愛護や保護動物の存在について考えさせられる内容でした。これから動物を飼おうと考える時はもちろんですが、子ども達やどんな世代にも見てほしいと思う映画でした」(50代・女性)

「命とはなにかをとにかく考えさせられる映画。命を救いたいというただ一つの思いを掲げ奮闘する主人公の姿に、心打たれます。自分の日々の悩みなんてちっぽけなモノで、命ある限り精一杯生きていこうと思えます」(30代・女性)

実在の動物保護サークルの学生たちの奮闘を描き、コロナ禍の社会問題にも触れる
実在の動物保護サークルの学生たちの奮闘を描き、コロナ禍の社会問題にも触れる『犬部』 発売中 Blu-ray(豪華版)7480円(税込)/DVD(通常版)5280円(税込) 発売・販売元:VAP [c]2021『犬部!』製作委員会

コロナ禍によってペット需要が急激な高まりを見せ、同時に飼育放棄が社会問題化している昨今。そして世界中の多くの人々が“命”について考えをめぐらすようになったなかで、青春ドラマという親しみやすい切り口で重要なメッセージを伝える本作は、幅広い世代から支持を集めたようだ。

また、林の主演作ではもう一本、小松菜奈とダブル主演を務めた『恋する寄生虫』(21)も第8位にランクインしている。


林遣都と小松菜奈がダブル主演を務めた『恋する寄生虫』は第8位!
林遣都と小松菜奈がダブル主演を務めた『恋する寄生虫』は第8位!『恋する寄生虫』 3月23日(水)発売 Blu-ray(豪華版):7480円(税込)/DVD(通常版)4180円(税込) 発売・販売元:VAP [c]2021「恋する寄生虫」製作委員会

三秋縋の同名小説を原作に、林演じる極度の潔癖症の青年・高坂賢吾と、小松演じる不登校で視線恐怖症の女子高生・佐薙ひじりがひょんなことから出会い、惹かれあっていく様を描いたファンタジックなラブストーリー。数多くのCMやミュージックビデオを手掛けてきた映像作家の柿本ケンサク監督が生みだす映像美に魅了されたとの声が多く寄せられた。

「世界観に一瞬で惹き込まれました。すばらしい映像美と音楽に、役者さんの繊細で力強くリアリティあるお芝居で、ファンタジーでありつつ、どこか生きづらさを感じるいま、そして自分にそっと寄り添ってくれる温かい作品でした」(30代・女性)

「孤独で生き辛さに苦しみ怯える主人公たちを、林遣都さんも小松菜奈さんも熱演していてしかも外国映画のように美しかった。そしてすばらしいラストに胸が温かくなった。観終わったあとすぐにまた観たくなり、何度も観に行った」(50代・女性)

2007年に『バッテリー』で俳優デビューを飾り、その後も連続テレビ小説「スカーレット」や「おっさんずラブ」シリーズなどコンスタントに活躍してきた林。俳優生活15年目を迎えた2021年は、上記2作以外にも「ドラゴン桜」や『護られなかった者たちへ』(21)などにも出演し、その高い演技力を見せつけた。

「映画ファンが選ぶ、ベスト映画2021」の順位は以下の通り。

1位『犬部!』
2位『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』
3位『DUNE/デューン 砂の惑星』
4位『ラストナイト・イン・ソーホー』
5位『砕け散るところを見せてあげる』
6位『るろうに剣心 最終章 The Beginning』
7位『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
8位『恋する寄生虫』
9位『サマーフィルムにのって』
10位『アメリカン・ユートピア』
次点(同率)『ドライブ・マイ・カー』『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

関連作品