累計セールス1億枚以上のロックシンガー、ミートローフが74歳で死去|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
累計セールス1億枚以上のロックシンガー、ミートローフが74歳で死去

セレブリティ 2022/1/26 16:30

累計セールス1億枚以上のロックシンガー、ミートローフが74歳で死去

アメリカのロック歌手で、ブラッド・ピット主演の『ファイト・クラブ』(99)など俳優としても知られているミートローフ(本名マーヴィン・リー・アーディー)が、現地時間1月20日夜に74歳で亡くなったことがわかった。ミートローフの公式Facebookで発表されたもので、マネージャーのマイケル・グリーンも、息を引き取った際には妻と2人の娘パールとアマンダ、近しい友人らが付き添っていたことを明らかにしている。

現地時間1月20日夜、74歳で亡くなった歌手のミートローフ。公式Facebookからの発表
現地時間1月20日夜、74歳で亡くなった歌手のミートローフ。公式Facebookからの発表画像はMeat Loaf公式Facebookのスクリーンショット

死因は明らかになっていないが、ミートローフをよく知る関係者は「TMZ」に対し、「彼は、代表曲『愛にすべてを捧ぐ』にちなんだ企画が進行中で、亡くなった週の初めにディナーミーティングに出席するはずだったのですが、コロナに感染してかなり体調が悪かったようで、予定をキャンセルしていたのです。その後容体が急変してしまった」と明らかにしており、一部メディアでは死因が新型コロナウイルスによるものと伝えている。

【写真を見る】ロック歌手ミートローフの突然の死に、エドワード・ノートンなど著名人らが追悼コメントを寄せる
【写真を見る】ロック歌手ミートローフの突然の死に、エドワード・ノートンなど著名人らが追悼コメントを寄せる画像はEdward Norton(@EdwardNorton)公式Twitterのスクリーンショット

さらに「New York Post」などは、パンデミック初期のころはミートローフが、ルールを守ってコロナに立ち向かおうと呼びかけていた一方で、2021年8月の「Pittsburgh Post Gazette」のインタビューでは、「死ぬのは怖いですよ。だからしばらくは社会活動が止まっても仕方ないと思っていました。でもずっとはありえない。『飛行機でマスクをしろ』とか、まるでナチスだよ」「彼らは政治のために私たちをコントロールしようとしているだけで、我々を守ってはくれないのです。もしかかって死ぬなら、その時はその時です。私は政治には支配されない」と語っており、政府に懐疑的だったとしている。

共和党が優位のテキサス州出身で、テネシー州ナッシュビル在住だったミートローフは、マスクやワクチンを強要する民主党のバイデン政権に批判的だったようだ。テキサス州の米下院議員の1人はミートローフの死を悼むと共に、ミートローフがワクチン接種をしていないことを前提に、ワクチン接種を呼び掛けている。しかし、ミートローフがワクチンを接種していたかについては、明らかになっていない。

同年代にロックバンドのクイーンで活躍したブライアン・メイも追悼コメントを投稿
同年代にロックバンドのクイーンで活躍したブライアン・メイも追悼コメントを投稿画像はBrian Harold May(@brianmayforreal)公式Instagramのスクリーンショット

また、亡くなる3週間前のファンへのビデオメッセージでは、「ハッピーバースデイの歌は歌えないんだ。今朝、全身麻酔で胃の内視鏡の検査をやってのどに管を通してきたからちゃんと声が出ない。でも家族と誕生日を祝えるように願っている。みんなコロナで苦しめられている。コロナはドラッグだ。中国を憎め。ロックだぜ」と語っており、なんらかの体調不良があった可能性も指摘されている。

全盛期と比べるとかなり体重が落ちていることは明白だが、ミートローフの基礎疾患などは不明。2003年以降、少なくとも公演中に3回倒れたことがあり、背中を痛めて何度も手術を行い、かなりの痛みがあることを明らかにしていた。その影響が膝にも及んでおり、1人で歩けなくなり表舞台から遠ざかっていたことも語っていた。


『ロッキー・ホラー・ショー』や『ファイト・クラブ』など俳優として多くの映画にも出演
『ロッキー・ホラー・ショー』や『ファイト・クラブ』など俳優として多くの映画にも出演写真:EVERETT/アフロ

「地獄のロック・ライダー」など1億枚以上のアルバムを売り上げ、1993年にはグラミー賞も受賞。また、65作以上の映画に出演するなど、60年間にわたる輝かしいキャリアを歩んできたミートローフ。その死を悼み、シェール、ブライアン・メイ、アリス・クーパー、アダム・ランバート、エドワード・ノートンや、ファンなどから多数の追悼コメントが寄せられている。

文/JUNKO