堀田真由が驚いた、島崎信長&榎木淳弥の“声優力”「どんな球を投げても全部拾ってくれる」『ブルーサーマル』アフレコ現場に潜入|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
堀田真由が驚いた、島崎信長&榎木淳弥の“声優力”「どんな球を投げても全部拾ってくれる」『ブルーサーマル』アフレコ現場に潜入

インタビュー 2022/1/28 10:00

堀田真由が驚いた、島崎信長&榎木淳弥の“声優力”「どんな球を投げても全部拾ってくれる」『ブルーサーマル』アフレコ現場に潜入

アニメーション映画『ブルーサーマル』(3月4日公開)で、声優に初挑戦した堀田真由。小沢かなの漫画「ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部-」をアニメ映画化した本作で、若手実力派声優の筆頭である島崎信長榎木淳弥と共に、上昇気流に乗って空を飛ぶ航空機“グライダー”に青春をかける大学生をみずみずしく演じている。そこでMOVIE WALKER PRESSでは本作のアフレコ現場に潜入。劇中では3人の関係性やバランスが重要なものとなるが、堀田は「どんな球を投げても全部拾ってくださる島崎さん、榎木さんが両側にいてくださるのは、本当に頼もしかったです」と島崎&榎木の芝居に感激しきり。息ぴったりの掛け合いを披露した彼らが、アフレコの感想を明かした。

堀田&島崎&榎木のコミカルな掛け合いにスタッフも笑顔!

【写真を見る】空を飛んだたまきも感動!操縦席から見た真っ青な空など景色の美しさも大きな見どころ
【写真を見る】空を飛んだたまきも感動!操縦席から見た真っ青な空など景色の美しさも大きな見どころ[c] 2022「ブルーサーマル」製作委員会

本作の主人公となるのは、サークル活動や恋愛など充実した“普通の大学生活”に憧れ、長崎から上京してきた都留たまき(堀田)。入学早々とある事故でグライダーを傷つけてしまい、その弁償のために体育会航空部の雑用係をすることになったたまきが、主将である倉持(島崎)の操縦するグライダーで飛び立った瞬間から空に魅了され、先輩の空知(榎木)や仲間と共に、充実した大学生活を送っていく。登場人物の紡ぐドラマだけでなく、空を飛ぶ高揚感や、操縦席から見た真っ青な空、雲などアニメとして描かれる景色の美しさも大きな見どころとなっている。

天真爛漫なたまき、部内の絶対的エースで選手の羨望の的である倉持、彼を心の底から敬愛している空知。悩み、励まし合いながら成長していく3人を演じた堀田、島崎、榎木がアフレコ現場では、そろってマイク前に立っていた。


天真爛漫なたまきは周囲を明るく照らしていく
天真爛漫なたまきは周囲を明るく照らしていく[c] 2022「ブルーサーマル」製作委員会

この日はたまきが初めて体育会航空部にやって来る場面が収録されたが、オーディションで役を得た堀田は、元気いっぱいにたまきに命を吹き込んでいた。顔を合わせればケンカばかりしてしまうたまき&空知のやり取りは、彼女の溌剌とした魅力を堪能できる場面でもある。空知からぶっきらぼうな言葉を投げかけられるたびに、「なんねー!」「はがいか!」など長崎弁を炸裂させながら悔しがるたまき。堀田の演じるたまきがなんともかわいらしく、スタッフからも思わず笑い声がこぼれる。

倉持潤は、グライダー操縦の天才で絶対的エース
倉持潤は、グライダー操縦の天才で絶対的エース[c] 2022「ブルーサーマル」製作委員会

そこにたまきを温かく見守る倉持が加わり、3人のコミカルな掛け合いや豊かなシーンが次々と生まれていく。島崎は優しい語り口や、頼もしさのある雰囲気も倉持役にぴったり。榎木も不器用な空知の性格を見事に表現しており、躍動感あふれる彼らの演技を見てスタッフの熱気もどんどん上がっていく。

堀田は「コミカルなシーンを一緒に演じたことで、グッと距離が縮まった気がします」と島崎と榎木とのアフレコの感想を語っており、島崎は「倉持とたまきのシーンはシリアスな場面も多かったんですが、榎木くん演じる空知が加わったことで一気に明るい雰囲気になりました。空知はこの作品のコメディ部分を担っている子かもしれないですね」とにっこり。榎木は「休憩中には3人で、それぞれの業界の話をして盛り上がりました。堀田さんから映像業界と声優業界の現場の違いを教えてもらったりして、それもすごくおもしろかったです」と明かすなど、休憩中も3人で演技について相談をしたり、笑顔で会話を交わしていたのが印象的。いいチームワークを育んでいたようだ。

関連作品

  • ブルーサーマル

    4.5
    116
    大空を躍動する大学航空部を描いた小沢かなの青春漫画を堀田真由主演でアニメ映画化