檀れい映画初主演決定!水谷豊監督第3弾『太陽とボレロ』でアマチュア交響楽団の主催者に|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
檀れい映画初主演決定!水谷豊監督第3弾『太陽とボレロ』でアマチュア交響楽団の主催者に

映画ニュース 2022/1/26 6:00

檀れい映画初主演決定!水谷豊監督第3弾『太陽とボレロ』でアマチュア交響楽団の主催者に

『TAP-THE LAST SHOW』(17)、『轢き逃げ 最高の最悪な日』(19)に続く水谷豊監督作第3弾『太陽とボレロ』(6月公開)にて檀れいが映画初主演を務めることが明らかとなり、水谷監督、檀からのコメントが到着した。

【写真を見る】檀れい×水谷豊のタッグに期待高まる!『太陽とボレロ』メイキング写真より
【写真を見る】檀れい×水谷豊のタッグに期待高まる!『太陽とボレロ』メイキング写真より[c]2022「太陽とボレロ」製作委員会

本作で描かれるのは“クラシックのオーケストラ”を題材に音楽を愛する普通の人々の人間模様。主人公の花村理子はある地方都市のアマチュア交響楽団で18年間、個性豊かなメンバーとともに活動してきた。みんな音楽を愛する普通の人々。しかし、楽団の経営は苦しく必死に奔走する理子だったが、ついに楽団の歴史に幕を閉じる決断を迫られるーー。

檀が演じる花村理子は、音大を出たものの音楽の道をあきらめ、家業を継ぎ、地元で楽団を主宰。音楽に触れ、愛しつづけてきた人物。楽団の主宰者として解散の危機に奔走する等身大の女性を時にシリアスに、時にユーモラスに演じ上げている檀は、本作の出演にあたり「水谷豊さんの監督作品ということで、お話をいただいたときは、本当に飛び上がるほど嬉しかったです」とよろこびのコメントを寄せている。監督を務める水谷は「檀れいさんのお名前が閃いたのは、脚本を書き進めていた時でした。まだ、キャスティングは一切考えていなかったのですが、途中のあるシーンで、ふと彼女の顔が浮かんだのです」とキャスティングの経緯を明かしている。

今回の発表にあわせて本作のイメージ映像も解禁。タイトルにある「ボレロ」の楽曲にのせて、同じくタイトルにある“太陽”、舞台となる、ある地方都市の美しい風景、音楽を愛する人々の姿の一部が垣間見える映像となっている。


檀と水谷、2人のタッグにより描き出される『太陽とボレロ』。個性豊かな登場人物たちの人間模様と上質な音楽に魅せられ、最後には爽やかな感動とともに、明日への一歩に勇気をくれる物語に期待したい。

関連作品