東山紀之「今まで観たミュージカルの中で最高傑作」映画『ウエスト・サイド・ストーリー』への愛を語る|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
東山紀之「今まで観たミュージカルの中で最高傑作」映画『ウエスト・サイド・ストーリー』への愛を語る

映画ニュース 2022/1/31 12:00

東山紀之「今まで観たミュージカルの中で最高傑作」映画『ウエスト・サイド・ストーリー』への愛を語る

スティーブン・スピルバーグ監督が「ロミオとジュリオット」をモチーフにした<伝説のミュージカル>を念願の映画化した『ウエスト・サイド・ストーリー』(2月11日公開)。本作を“自身の原点”と語るほどの強い愛を持った東山紀之が出演する全3編にわたるCM映像が一挙解禁となった。

【写真を見る】アンセル・エルゴート&レイチェル・ゼグラーが禁断の愛の物語を紡ぐ!
【写真を見る】アンセル・エルゴート&レイチェル・ゼグラーが禁断の愛の物語を紡ぐ![c] 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

先日発表された第79回ゴールデングローブ賞では、作品賞、主演女優賞、助演女優賞の主要部門で最多3冠を獲得し、アカデミー賞最有力候補として注目されている本作。スピルバーグ監督が社会の分断を乗り越えようとした“禁断の愛”の物語を、数々の名曲とダイナミックなダンスと共に描いた感動のミュージカル・エンターテイメントだ。

東山が出演するCM映像は【泣きそう編】、【踊りたかった編】、【世界が変わる編】の全3編。それぞれの映像で「何度も泣きそうになった」、「最高傑作のミュージカル」、そして「世界が変わると思います」と、本作への溢れだす想いを語っている。この特別映像とともに、「『ウエスト・サイド・ストーリー』がなければ、今のジャニーズ事務所も存在していなかったかもしれません。そのファッションから、音楽、ダンス、作品のスピリットまで、『ウエスト・サイド・ストーリー』はその後の日本のエンターテインメ ントの基盤になったと思う」など、作品の様々な魅力を余すことなく語るインタビューコメントも到着した。

東山は15歳のときにビデオで観た『ウエスト・サイド物語』(61)でこの物語と出会ったという。それはまるで、当時まるで“恋に落ちた”かのように心を動かされたと語る。ジャニーズを代表するアイドルになる過程において常に自身の基盤ともなるこの物語を繰り返し鑑賞しており、2004年には少年隊のミュージカルで主人公トニーを演じたという縁もある。

【泣きそう編】では「こうやって人間って恋に落ちるんだなって。何度も泣きそうになりました」と、本作で描かれる“愛”について語り、【踊りたかった編】では、「前作が持っている良さをさらに活かしてパワーアップさせた。今まで観たミュージカルの中でも、最高傑作だと思います」と本作のダンスナンバーを絶賛するとともに「中に入って踊りたかったです」と想いを募らせる。【世界が変わる編】では「この感動を言葉にするのは大変だなと・・何百回も観るでしょうね。これ(指パッチン)で世界が変わる気がします」と、本作の物語を深く愛する東山ならではの言葉を語っている。また、ジャニーズ事務所の後輩など、若い世代とも常に関わりを持つ東山は「僕には世界を変えられないかもしれないけれど、若者たちが柔軟な発想で変えるきがするんです」と今を生きる若い世代に向けて熱いメッセージを贈った。


”異なる立場を越えて、私たちは手を取り合えるのか?”という普遍的なメッセージをこめて贈る『ウエスト・サイド・ストーリー』。この冬、伝説のミュージカルが新たな感動巻き起こす!



関連作品