杏「いま、遅ればせながら反抗期」?『アダムス・ファミリー2』舞台挨拶で「髪を染めてみたい」と告白!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
杏「いま、遅ればせながら反抗期」?『アダムス・ファミリー2』舞台挨拶で「髪を染めてみたい」と告白!

イベント 2022/1/30 17:45

杏「いま、遅ればせながら反抗期」?『アダムス・ファミリー2』舞台挨拶で「髪を染めてみたい」と告白!

映画『アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!』の公開記念舞台挨拶が1月29日にTOHOシネマズ日比谷で行われ、杏(モーティシア役)、生瀬勝久(ゴメズ役)、秋山竜次(フェスター役)、前作でマーゴ・ニードラーの吹替えを担当したLiLiCoが登壇。杏が「髪を染めてみたい」と明かした。

本作は、モンスターである“アダムス一家”が巻き起こす騒動を描いた人気アニメーションの第2弾。思春期を迎えて家族の食卓にも顔を見せない長女のウェンズデーを心配した父のゴメズが、妻のモーティシア、ウェンズデー、弟のパグズリー、フェスターおじさん、執事のラーチ、ハンドとペットのキティを連れて、家族の絆を深めるドライブ旅行に繰り出すさまを描く。

杏は「アメリカ全土を巻き込んだ大きなスケールの映画になって帰ってきたなと思いました」と完成した映画の感想を語り、「モーティシアは低めの声なので、その枠を出ない範囲で、愛情を表現したり、怒っている声を出したり、(感情を)隠したりと、演出してくださっている方と作っていきました」とアフレコ時の苦労を振り返っていた。


この日は、本作で描かれるウェンズデーの反抗期にちなみ「反抗期はあった?」という質問が登壇者に投げかけられた。杏は「反抗期って、社会に出る境目の閉じられた鬱屈とした感じを言うのだと思いますが、その時には私はもう仕事を始めていたので、社会との風通しも良かったですし、反抗期という反抗期はなかったです」とコメント。「でもいま、遅ればせながら反抗期のような感じです。まだ1度も髪も染めたことがないから、染めてみたいって気持ちになってきました」と意外な言葉で会場を驚かせた。

人気アニメーションの第2弾『アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!』は公開中
人気アニメーションの第2弾『アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!』は公開中[c]2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved. 

さらに「自分自身の個性的だと思うところ」について話が及ぶと、「普段は自覚することがないんですが、どうやら背が高いらしいんです」と語った杏。「実感はあまりないんですが、写真を見ると『大きいな』って気付くんです。でも、それが個性になっているのかなと思います」と続けた。秋山は「尿管結石でネックレスを作りました。でも、変なことをやりたいわけではなく、記念にとっておきたかったんですよ。何年もかかってできた石なんで。世界に一つだけの宝石」と衝撃エピソードを披露。

その“宝石”を間近で見たという杏は、「樹脂で固めてありました…。(間近で見るという)なかなかない経験をさせていただきました。まさかネックレスにしているとは」と顔をしかめながらコメントし、周囲も爆笑。さらに生瀬は「冠婚葬祭には出ない。結婚式にも行かない、お葬式にも行かないという生活を送っています。結婚式に行っても別れるし、お葬式に行っても本人がいないから」とまさに個性的な理論を展開し、会場を盛り上げていた。

文/成田おり枝

関連作品