黒澤明の『生きる』リメイクや日本ロケ作品…今年のサンダンスに集った“日本関連作品”たち|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
黒澤明の『生きる』リメイクや日本ロケ作品…今年のサンダンスに集った“日本関連作品”たち

コラム 2022/2/5 15:00

黒澤明の『生きる』リメイクや日本ロケ作品…今年のサンダンスに集った“日本関連作品”たち

例年通り、サンダンス映画祭が1月20日から30日まで行われた。例外だったのは、今年も完全オンラインのバーチャル映画祭だったこと。開催10日前までは、ユタ州パークシティの会場とオンラインのハイブリッドで開催する予定だったのが、オミクロン株の爆発的感染を危惧し、急遽オンラインのみに切り替わった。そのため、上映予定作のなかには『カメラを止めるな!』仏語リメイクである『Final Cut』など、出品を取りやめる作品もあった。

USドラマ部門審査員賞には『Nanny』が受賞
USドラマ部門審査員賞には『Nanny』が受賞Courtesy of Sundance Institute.

1月28日に発表された受賞結果では、84本の全上映作品のなかから、観客賞や審査員賞が発表された。USドラマ部門審査員賞には、セネガル出身女性がNYでナニーとして働く姿を描く、ニキャス・ジュス監督『Nanny』が受賞。観客賞にはシングルマザー(ダコタ・ジョンソン)と彼女の娘と奇妙な友情を結ぶ青年の物語の、クーパー・ライフ監督『Cha Cha Real Smooth』が選ばれた。USドキュメンタリー部門では、ベン・クライン監督とバイオレット・コロンバス監督が、天安門事件を追うドキュメンタリー作家に迫る『The Exiles』が審査員賞を受賞。観客賞は、ダニエル・ロアー監督がロシアの反権力者アレクセイ・ナヴァルニーを追ったドキュメンタリー『Navalny』が受賞している。

『Coda コーダ あいのうた』(公開中)は、昨年のUSドラマ部門観客賞、審査員賞、監督賞を受賞
『Coda コーダ あいのうた』(公開中)は、昨年のUSドラマ部門観客賞、審査員賞、監督賞を受賞[c]2020 VENDOME PICTURES LLC, PATHE FILMS


2021年のUSドラマ部門観客賞・審査員賞・監督賞(シアン・ヘダー監督)受賞作『コーダ あいのうた』(公開中)や、USドキュメンタリー部門の観客賞・審査員賞受賞の『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』(21)は、3月27日に行われる第94回アカデミー賞の有力候補作となっている。これらの作品は、1年前のサンダンスでお披露目されたのち、じわじわと評判と支持を得て、翌年の賞レースにたどり着いている。そういった意味でも、1月のサンダンス映画祭で上映、評価される作品は、今年の映画界の時流を読むうえでも重要だ。

関連作品