『ノッティングヒルの恋人』監督の遺作を劇場公開!在位70年のエリザベス女王に迫るドキュメンタリー|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『ノッティングヒルの恋人』監督の遺作を劇場公開!在位70年のエリザベス女王に迫るドキュメンタリー

映画ニュース 2022/2/6 12:00

『ノッティングヒルの恋人』監督の遺作を劇場公開!在位70年のエリザベス女王に迫るドキュメンタリー

本日2月6日(日)で在位70周年を迎える英国君主エリザベス2世を描いたドキュメンタリー映画『Elizabeth』(原題)。このたび同作が『エリザベス 女王陛下の微笑み』の邦題で6月より日本公開されることが決定した。

本作は、世界で最も有名な女性とも言われるエリザベス女王のこれまでを描く、ユーモラスでポップなドキュメンタリー。ザ・ビートルズやエルトン・ジョン、ダニエル・クレイグ、ローワン・アトキンソンといった著名人も数多く登場し、95年に及ぶ女王として、家族を支える1人の女性としてのエリザベス女王の姿を映し出す。

監督は『ノッティングヒルの恋人』(99)、『恋とニュースのつくり方』(10)などを手がけ、2月25日(金)には『ゴヤの名画と優しい泥棒』の公開を控えるロジャー・ミッシェル。また、音楽を『ガンジー』(82)、『遠い夜明け』(87)などを手がけアカデミー賞作曲賞に4度ノミネートされた経歴を持つジョージ・フェントン。昨年9月、65歳で惜しまれつつ他界し、本作が遺作となったミッシェル監督は、「この作品はまさに祝福だ。まるで映画のような激動の時代を余すことなく詰め込んだ。ユーモアにあふれ、時に感動的で唯一無二。誰も見たことのない、エリザベス女王の姿がここにある」と本作に関して言葉を遺している。


日本をはじめ世界中から注目を浴びる英国の女王エリザベス2世。ロジャー・ミッシェル監督は本作でどのように女王の素顔を映し出したのか?在位70周年95歳の女王の生涯を是非劇場で振り返りたい。