ジェニファー・ロペスが圧巻のパフォーマンスで魅了…『マリー・ミー』日本版予告&ポスター到着|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
ジェニファー・ロペスが圧巻のパフォーマンスで魅了…『マリー・ミー』日本版予告&ポスター到着

映画ニュース 2022/2/14 9:00

ジェニファー・ロペスが圧巻のパフォーマンスで魅了…『マリー・ミー』日本版予告&ポスター到着

ジェニファー・ロペスが主演、プロデュースを務める『マリー・ミー』(4月22日公開)より、日本版予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

本作は、世界的歌姫と平凡な教師の恋を、ポップな音楽とダンスで彩り、「いいね!」や「フォロワー数」が価値を決める世界で“リアルなもの”を探し求める男女を描く、王道のロマンティック・ラブストーリー。ジェニファーが、まるで本人役のような世界的ポップスターのカットを演じ、抜群の歌唱力を披露するとともに、恋に悩むキュートな姿も見どころ。カットの新しい恋のお相手、平凡な数学教師チャーリー役をオーウェン・ウィルソンが演じ、カットのフィアンセでグラミー歌手、バスティアン役にはコロンビア出身のレゲトン歌手のマルーマが務める。監督は『ウソはホントの恋のはじまり』(13)のカット・コイロ。

解禁となった予告編は、誰もが羨むトップスター同士のウェディングからスタート。新曲「Marry Me」のパフォーマンスとともに挙式がLIVE配信されるとあって、世界中から熱い視線が送られているなか、本番数秒前というタイミングでSNS上に婚約相手バスティアンの浮気映像が流出。失意のまま登壇したカットは、たまたま友人に連れられ客席で見ていた平凡な数学教師チャーリーをステージの上から指名。突如プロポーズしたことで事態は急展開をみせる…というもの。全世界が見守る中、傷心のトップスターと、バツイチの数学教師、交わるはずのなかった2人の衝撃的な出会いから始まった新しい恋の行方は!?

あわせて解禁されたポスタービジュアルは、カットがチャーリーにプロポーズする瞬間と、そこにバスティアンが加わり三角関係をも予感させるデザインで、この驚きの結婚の行く手にどんな展開が待ち受けるのか、期待が高まる仕上がりとなっている。


一度聞いたら耳を離れないメロディが印象的な、ジェニファー&マルーマのオリジナル新曲「Marry Me」の多幸感に浸りながら、全世界注目のギャップ婚の結末を見届けたい。

文/タナカシノブ

関連作品

  • マリー・ミー

    4.4
    403
    歌姫ジェニファー・ロペスがプロデュース&主演を務めるラブ・ストーリー
    Amazon Prime Video U-NEXT