花江夏樹×梶裕貴×村瀬歩が語り合う、『グッバイ、ドン・グリーズ!』にあふれる好奇心と思春期の苦悩|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
花江夏樹×梶裕貴×村瀬歩が語り合う、『グッバイ、ドン・グリーズ!』にあふれる好奇心と思春期の苦悩

インタビュー 2022/2/17 19:30

花江夏樹×梶裕貴×村瀬歩が語り合う、『グッバイ、ドン・グリーズ!』にあふれる好奇心と思春期の苦悩

国内外で高い評価を集めたテレビアニメ「宇宙よりも遠い場所」を手掛けたいしづかあつこ監督が、アニメスタジオMADHOUSEと再タッグを組んだオリジナル劇場アニメーション『グッバイ、ドン・グリーズ!』(2月18日公開)。田舎町に暮らす少年ロウマは、東京の高校へ進学し離ればなれになった親友のトトと高校1年の夏休みに再会。かつて2人だけで結成した"ドン・グリーズ"にドロップを加え遊んでいる最中、ドローンの操作を上手くできず見失ってしまう。3人はドローンを探し森の奥へ。それが人生を一変させる大冒険へと発展する。

少年たちの奇跡のような出逢いと冒険を描く『グッバイ、ドン・グリーズ!』
少年たちの奇跡のような出逢いと冒険を描く『グッバイ、ドン・グリーズ!』[c]Goodbye,DonGlees Partners

森のなかで思いがけない冒険をする"ドン・グリーズ"3人の声は、花江夏樹梶裕貴村瀬歩が演じている。3人のキャストはどんな気持ちで役と向き合っていったのか。多くの作品で少年役を経験しているからこその演技の厚みや、かつては同じ10代の少年だった彼らに、作品に込めた想いを語ってもらった。

「自分が子どものころ、確かに好奇心が優先だったよなと感じています」(花江)

――まずは、演じられたキャラクターの印象を教えてください。

田舎町に暮らす少年ロウマ役を演じた花江
田舎町に暮らす少年ロウマ役を演じた花江[c]Goodbye,DonGlees Partners

花江「普通といえば普通なんですけど、明るくて友達となんでもない話で盛り上がれて、ちょっとのことで喜怒哀楽が出て…という少年の心を持っている。人のことを思ってあげられる優しい子だなと感じました」

梶「トトは、まさに中高生らしい思春期の男の子。一緒にいるロウマに比べると、少し先に大人になり始めている部分があるのかなと感じています。医者の家系で、お姉ちゃんもいい学校に進んで、自分は一生懸命勉強を頑張ってはいるけれど、なかなか思うようにはうまくいかない。どうやらまだ、子どもの部分を捨て切れない、離れたくない思いがそこにはあるようです。こじらせた複雑な心境。そのなんとも言えないもどかしさが、この映画には詰まっていると思います。いろいろな表情を見せてくれる、演じていてとても楽しい役でしたね」

ロウマと親友のトトは2人だけで"ドン・グリーズ"を結成するが、トトは東京の高校に進学し離ればなれに
ロウマと親友のトトは2人だけで"ドン・グリーズ"を結成するが、トトは東京の高校に進学し離ればなれに[c]Goodbye,DonGlees Partners

村瀬「捉えどころがあるようでないというか。ものすごく芯があるようで、彼の本当のところはどこにあるのか、霞に包まれているようなキャラクターですね。少年のようで少女のような面もあり、男性っぽい感じの言い切りをしたと思ったら、急にたおやかさが出ていたりとか、彼の存在に対して観終わったあともなんだったんだろうと役者陣とも話したりして、そこを味わう楽しさがあるというか、一言では言い表せない難しいキャラクターでした」

――共感された部分や印象的だった部分はありますか?

花江「ロウマたちはところどころ、『それはダメだろう』ということをやるんです。好奇心を優先する部分があって、自分が子どもだったころは確かにそうだったよなと感じています。友情も大切に描かれていますが、身内から見れば"いい奴"なんですけど、知らない人が見た時には『なんだこいつ』と思うような部分もあり、そこがリアルでいいなと思いました」

ひと夏の大冒険がはじまる!
ひと夏の大冒険がはじまる![c]Goodbye,DonGlees Partners


梶「ただにぎやかで楽しい!というだけでなく、冒険のなかでそれぞれの内面…心のなかで抱えている思春期ならではの鬱屈とした心情も繊細に描かれていくんですが、そのあたりにはものすごく共感できましたね。本当に三者三様、それぞれ違った角度の影を持っている。そのどれもが『わかるな』と僕は思いましたね。同時に、本当に絵に描いたような青春模様には憧れを感じました。親友同士で秘密基地を作ったり、周りには内緒のひと夏の大冒険だったり…。もう、最高ですよね(笑)!自分にはなかった青春だからこそ、輝いて見えました」

村瀬「個人的にはトトにすごく共感しています。親からのプレッシャーの部分ですね。台本を読みながら、自分が中学生や高校生の時ってなにを考えていたんだっけと。なんだかんだ勉強はある程度しなきゃいけないとか、最低限のことはやっているなかで、たまに息苦しさとかも感じていて。でも、やっぱり親のことも無視できないし。自分はそこまで深く悩んでいたわけではないけど、こういうことはみんな大なり小なりあることなんだろうなと。トトがいま置かれている状況のつらさを吐露するシーンはとても印象に残っていて、言葉やアニメーションの力ってすごいと思いました」


最高の冒険を、4人と共に!『グッバイ、ドン・グリーズ!』特集【PR】

関連作品