『劇場版 呪術廻戦 0』が5週連続1位!『アンチャーテッド』『牛首村』もランクイン|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『劇場版 呪術廻戦 0』が5週連続1位!『アンチャーテッド』『牛首村』もランクイン

映画ニュース 2022/2/26 11:30

『劇場版 呪術廻戦 0』が5週連続1位!『アンチャーテッド』『牛首村』もランクイン

2月19・20日の週末映画動員ランキング。新作4本が新たにランクインする結果となった。

入場者プレゼント第4弾の配布もスタートした『劇場版 呪術廻戦 0』が首位をキープ

今週も1位に輝いたのは『劇場版 呪術廻戦 0』で、土日2日間で動員21万3000人、興収3億3600万円をあげ、5週連続で首位を守った。19日からは第4弾となる入場者プレゼントの配布も行われ、前週比は動員、興収ともに30%以上アップしている。累計では動員834万人、興収116億円を突破している。

『劇場版 呪術廻戦 0』が5週連続で首位
『劇場版 呪術廻戦 0』が5週連続で首位[c] 2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 [c]芥見下々/集英社

『アンチャーテッド』に『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』!2本のトム・ホランド主演作がトップ10入り

新作からは、千眼美子主演の『愛国女子-紅武士道』が、土日2日間で動員11万7000人、興収1億4600万円をあげて2位で初登場。初日から3日間の累計では動員15万4000人、興収1億9300万円を獲得している。

続く3位には、『アンチャーテッド』が動員8万6000人、興収1億2800万円でランクイン。全世界のシリーズ累計売上数が4170万本を超える大人気アクションアドベンチャーゲームシリーズを、「スパイダーマン」シリーズのトム・ホランド主演で実写化した作品で、マーク・ウォールバーグ、アントニオ・バンデラス、ソフィア・アリらが共演したほか、『ヴェノム』(18)のルーベン・フライシャーが監督を務めている。ちなみに、もう1本のホランド主演作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』も7位でトップ10をキープしており、累計で動員261万人、興収39億円を突破している。


【写真を見る】『アンチャーテッド』と『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、トム・ホランド主演作2本がトップ10入り
【写真を見る】『アンチャーテッド』と『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、トム・ホランド主演作2本がトップ10入り[c]2022 CTMG. All Rights Reserved.

このほか新作では、『犬鳴村』(20)、『樹海村』(21)に続く清水崇による「恐怖の村」シリーズ第3弾で、俳優デビュー作にして一人二役に挑戦したKoki,主演の『牛首村』が4位でスタート。人気小説アプリ「野いちご」で発表され、発行部数23万部を記録する同名小説を、『しあわせのマスカット』(20)の福本莉子、「ジャニーズJr.」内ユニット「Travis Japan」の松田元太の共演で実写化した『君が落とした青空』も8位に入っている。

「恐怖の村」シリーズ第3弾『牛首村』は4位に
「恐怖の村」シリーズ第3弾『牛首村』は4位に[c]2022「牛首村」製作委員会

『君が落とした青空』も8位にランクイン
『君が落とした青空』も8位にランクイン[c]2022映画『君が落とした青空』製作委員会

今週末には、まず23日よりウィル・スミスがテニス界最強の姉妹を育てた父親を演じる『ドリームプラン』が公開中。昨日からは、アガサ・クリスティ原作の「ナイルに死す」をケネス・ブラナーの監督&主演で新たに映画化した『ナイル殺人事件』、1897年のフランスでの初演以来、日本を含む世界各国で上演されてきた名作「シラノ・ド・ベルジュラック」をジョー・ライト監督が映画化したミュージカル『シラノ』といった海外のメジャー作品が公開を迎えている。

文/サンクレイオ翼

※Koki,の「o」はマクロン付きの「o」が正式表記

以下は、1~10位までのランキング(2月19・20日)
1位 劇場版 呪術廻戦 0
2位 愛国女子-紅武士道
3位 アンチャーテッド
4位 牛首村
5位 ウエスト・サイド・ストーリー
6位 コンフィデンスマンJP 英雄編
7位 スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
8位 君が落とした青空
9位 ドライブ・マイ・カー
10位 嘘喰い
※興行通信社調べ

関連作品