『バブル』ヒロイン役は2022年注目のアーティスト“りりあ。”に決定!最新予告&ポスターも完成|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『バブル』ヒロイン役は2022年注目のアーティスト“りりあ。”に決定!最新予告&ポスターも完成

映画ニュース 2022/3/1 7:00

『バブル』ヒロイン役は2022年注目のアーティスト“りりあ。”に決定!最新予告&ポスターも完成

アニメ「進撃の巨人」の荒木哲郎監督とWIT STUDIOが制作を担い、脚本を虚淵玄、キャラクターデザイン原案を小畑健、音楽を澤野弘之が担当したオリジナルアニメ『バブル』(劇場版5月13日公開、Netflix版4月28日配信)。同作の本予告と新ポスタービジュアルが解禁され、あわせて、アーティストのりりあ。がヒロイン役の声優とエンディングテーマを、Eveがオープニングテーマを担当することがわかった。

【画像を見る】りりあ。はSNSへ顔出しなしで弾き語り投稿し、歌声と表現力で注目を集めている
【画像を見る】りりあ。はSNSへ顔出しなしで弾き語り投稿し、歌声と表現力で注目を集めている

本作は、世界に降り注いだ泡“バブル”により重力が壊れた東京を舞台に描かれる、少年と少女の“グラビティ・アクション・ラブストーリー”。透明感あふれる美しい映像と縦横無尽なカメラワークによる怒涛のハイスピードバトルで見る者を魅了する。主人公ヒビキ役で志尊淳、バブルを調査する科学者マコト役で広瀬アリスが声優を務めるほか、宮野真守、梶裕貴、畠中祐、千本木彩花、井上麻里奈、三木眞一郎ら実力派声優も出演する。

そんな本作で、物語の鍵を握るヒロイン、ウタ役とエンディングテーマに抜擢されたりりあ。は、2019年秋頃よりTikTokやYouTubeで弾き語り投稿を始めるとエモーショナルな歌声と豊かな表現力が話題を集めるアーティスト。SNSの総フォロワー数は170万人を超え幅広い層の支持を集めている。当初はエンディングテーマのみを担当する予定だったが、荒木監督が「ご本人の話し声や柔らかいムードが心地よく、それはヒロインのウタというキャラクターに求めているものそのものでしたので、思わず声までお願いしてしまいました」とウタ役への抜擢を決断した。

りりあ。自身は、「初めて台本を読んだ時、ウタの気持ちとリンクしすぎて泣きまくりました。今でも思い出して泣けるくらいウタに感情移入できたので初めてのアフレコでしたがあの時はちゃんとウタが心の中にいた気がします」と思いを明かしている。そして、まだ明かされていない書き下ろしのエンディングテーマ「じゃあね、またね。」も、どのようなメロディで映画の世界を彩るのか?演技とともに注目があつまる。

一方、オープニングテーマを担当するEveは、テレビアニメ「呪術廻戦」の主題歌など人気が急上昇し、トップアーティストの仲間入りを果たしたシンガーソングライター。自身の書き下ろしによるオープニングテーマ「Bubble feat.Uta」は、アップテンポで疾走感あふれる曲調で、ヒビキとウタに待ち受ける壮大な運命を予感させる仕上がりに。Eve自身は「壮大で美しい世界観と、目が離せないアクション、個性豊かなキャラクター達。熱量のあるこの作品に自分も関わることができて幸せです。是非劇場で体感してみて下さい!」とコメントしている。

「呪術廻戦」の主題歌「廻廻奇譚」でも話題のEve
「呪術廻戦」の主題歌「廻廻奇譚」でも話題のEve

解禁された最新予告は、海中のヒビキとウタを描く神秘的なシーンからスタート。ウタはそれまでヒビキにしか聞こえていなかった特別なハミングが聞こえ「止めなきゃ」と何かを感じ取る。中盤で流れる「Bubble feat.Uta」と、終盤のウタの切ない歌声のギャップも相まって エモーショナルな映像となっている。さらに、無邪気な表情を見せるウタとヒビキが、東京上空で電車やトラックの車両とともに浮かぶ、浮遊感満載の爽やかな新ポスタービジュアルが披露されている。


なお、同作のムビチケ前売券(カード)が3月4日(金)より発売されることが決定。前売特典として小畑の描き下ろしビジュアルを用いたオリジナルクリアファイルが付いてくる。こちらもファンならずともぜひチェックの上、本作の公開を楽しみに待ちたい。

関連作品

  • バブル

    3.7
    402
    泡〈バブル〉により重力が壊れた東京で奔走する少年少女を描くオリジナルアニメ映画
    Netflix