容姿もファッションもそっくり!キャサリン妃とメアリー皇太子妃、ともにモノトーンコーデで対面|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
容姿もファッションもそっくり!キャサリン妃とメアリー皇太子妃、ともにモノトーンコーデで対面

セレブリティ 2022/3/4 18:30

容姿もファッションもそっくり!キャサリン妃とメアリー皇太子妃、ともにモノトーンコーデで対面

現地時間の2月22日から23日に、キャサリン妃が単独でデンマーク公務を敢行。2日目は、アマリエンボー宮殿を訪問し、メアリー皇太子妃と現女王マルグレーテ2世と対面した。

英王室では今年エリザベス女王が在位70周年のプラチナ・ジュビリーを迎え、デンマーク王室では、マルグレーテ2世が在位50周年のダイアモンド・ジュビリーという記念すべき年を迎えるため、キャサリン妃は宮殿でマルグレーテ2世と面会し直接お祝いの言葉を述べたという。

今年で在位50周年を迎えたマルグレーテ2世に、お祝いの言葉を贈ったというキャサリン妃
今年で在位50周年を迎えたマルグレーテ2世に、お祝いの言葉を贈ったというキャサリン妃画像はDuke and Duchess of Cambridge(@dukeandduchessofcambridge)公式Instagramのスクリーンショット

その後キャサリン妃は、メアリー皇太子妃がパトロンを務めている、家庭内暴力から女性や子どもたちを守るためのシェルターを訪問し、アマリエンボー宮殿内のフレデリックVIIIパレスでメアリー皇太子妃がホストを務めたランチに出席。

ケンジントン宮殿とデンマーク王室の公式Instagramなどには、多数の写真が掲載されているが、「Us Weekly」などによれば、日ごろから容姿もファッションも似ており、10歳違いの姉妹のようだと言われている2人の装いに注目が集まった。


キャサリン妃とメアリー皇太子妃、ともにエレガントなモノトーンコーデの装い
キャサリン妃とメアリー皇太子妃、ともにエレガントなモノトーンコーデの装い画像はDET DANSKE KONGEHUS DK(@detdanskekongehus)公式Instagramのスクリーンショット

キャサリン妃は、グレーのツイードに黒襟のベルベットがアクセントになったキャサリン・ウォーカーのAラインのビスポークドレスコートに、マルベリーの黒いバッグと手袋、ジャンヴィト・ロッシのハイヒールという装い。前日にも着けていたデンマーク発マリア・ブラックのパールのイヤリングも着用していた。一方のメアリー皇太子妃は、白のツイードコートに、ニットワンピース、マフラー、クラッチバッグ、ハイヒールはすべてブラックというツートンカラーで統一。2人ともモノトーンでコーデしていただけでなく、パンプスが共に黒いジャンヴィト・ロッシだったことから、「事前に打ち合わせをしたかのよう」「偶然ならやっぱりTPOの感覚も似ているのかも」「2人とも本当に美しい」と絶賛されている。

2011年には、ウィリアム王子とキャサリン妃が一緒にデンマークを訪問
2011年には、ウィリアム王子とキャサリン妃が一緒にデンマークを訪問写真:SPLASH/アフロ

さらに「People」などに掲載されている、2011年にウィリアム王子とデンマークを訪れた際は赤いコートをチョイスしていたキャサリン妃と、紺のジャケットをまとっていたメアリー皇太子妃のツーショット写真を見た人たちからは、「この10年で2人とも洗練されて美しくなった」「並々ならぬ努力がうかがえる」といった声も寄せられており、ともに年を重ねて魅力と気品が増しているようだ。

文/JUNKO