広瀬すずと松坂桃李の想いがあふれ出す…『流浪の月』予告映像&ポスタービジュアルが解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
広瀬すずと松坂桃李の想いがあふれ出す…『流浪の月』予告映像&ポスタービジュアルが解禁

映画ニュース 2022/3/22 7:00

広瀬すずと松坂桃李の想いがあふれ出す…『流浪の月』予告映像&ポスタービジュアルが解禁

広瀬すずと松坂桃李がダブル主演を務め、2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうの同名ベストセラー小説を映画化した『流浪の月』(5月13日公開)。このたび本作の最新予告映像とポスタービジュアルが解禁された。

【写真を見る】東京2020オリンピックの開会式にも楽曲提供した気鋭音楽家、原摩利彦が劇中音楽を担当!
【写真を見る】東京2020オリンピックの開会式にも楽曲提供した気鋭音楽家、原摩利彦が劇中音楽を担当!

15年前に起きた誘拐事件の被害女児と加害者の再会を描く本作。雨の夕方の公園で、10歳の家内更紗と出会った19歳の大学生、佐伯文。引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意を汲み、2人は文の家で2ヶ月過ごすことになるのだが、ほどなくして文は更紗を誘拐した罪で逮捕されてしまう。それから15年、誰にも打ち明けられない秘密を抱えたまま生きてきた2人は再会を果たすが、更紗には婚約者の亮が。文にもあゆみという女性が寄り添っていて…。

このたび解禁された予告映像は、10歳の更紗と文が出会う場面から始まる。文の声かけから始まった2人の優しい共同生活と、突如その終わりを告げる夏の日の昼下がり。やがて15年の時を経て“被害女児”として生きてきた更紗と“誘拐犯”として生きてきた文が偶然の再会を果たし、動き出す2人の運命。周囲の人々を巻き込みながら擦り切れそうな感情と抑えきれない衝動がぶつかりあい、そしてそれぞれの過去を飲み込み未来を切り拓いていこうとする姿が描き出されていく。


この予告映像では、NODA・MAPの舞台「贋作 桜の森の満開の下」や「フェイクスピア」の音楽や、東京2020夏季オリンピックの開会式への楽曲提供などで知られる気鋭の音楽家、原摩利彦が手掛ける劇中楽曲が初公開となっている。またあわせて解禁されたポスタービジュアルには、広瀬演じる更紗と松坂演じる文、横浜演じる亮と多部演じる谷の表情が切り取られている。実力派キャスト・スタッフが手掛ける切ない物語を、是非とも劇場で目撃してほしい。

文/久保田 和馬

関連作品