圧巻の演奏シーンと“クセ強”楽団員たちの姿がお目見え!水谷豊監督第3作『太陽とボレロ』予告&ポスターが完成|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
圧巻の演奏シーンと“クセ強”楽団員たちの姿がお目見え!水谷豊監督第3作『太陽とボレロ』予告&ポスターが完成

映画ニュース 2022/3/22 6:00

圧巻の演奏シーンと“クセ強”楽団員たちの姿がお目見え!水谷豊監督第3作『太陽とボレロ』予告&ポスターが完成

「相棒」シリーズでおなじみの水谷豊が『TAP-THE LAST SHOW』(17)と『轢き逃げ 最高の最悪な日』(19)に続いて監督を務める『太陽とボレロ』が6月3日(金)より公開。このたび本作から“全キャスト吹き替えなし”の圧巻の演奏シーンを収めた予告映像と、ポスタービジュアルが一挙に解禁された。

檀れいが映画初主演を務め、クラシックのオーケストラを題材に音楽を愛する普通の人々の人間模様を描く本作。ある地方都市のアマチュア交響楽団。主宰者である花村理子は18年もの間、個性豊かなメンバーと共に活動してきた。みんな音楽を愛する普通の人々。しかし楽団の経営は苦しく、必死に奔走する理子だったが、ついに楽団の歴史に幕を閉じる決断を迫られる。そして、最後にして最高のコンサートに向けて楽団員たちは動きだすことに。


【写真を見る】水谷豊“監督”と檀れいがタッグ!石丸幹二、町田啓太らクセ強キャストにも注目
【写真を見る】水谷豊“監督”と檀れいがタッグ!石丸幹二、町田啓太らクセ強キャストにも注目[c] 2022「太陽とボレロ」製作委員会

このたび解禁された予告映像は、檀が演じる理子が交響楽団の解散を決め、最後のコンサートを開くことを宣言するところから始まる。勝手に動き回ったり対立するなど個性豊かで一筋縄ではいかない楽団メンバーに翻弄される理子。物語のキーパーソンとなる、水谷監督自ら演じる指揮者の藤堂謙のメッセージはバラバラの楽団員たちにどのように響いていくのか。クセが強すぎる登場人物たちの人間ドラマに期待が高まる映像に仕上がっている。

さらに予告映像のクライマックスには、町田啓太や森マリアをはじめとした楽団員を演じるキャストたちがおよそ1年間にも及ぶ練習を重ね、吹替えなしで挑んだ演奏シーンの模様も初解禁。様々な想いをのせ、大きなコンサートホールでフルオーケストラによって奏でられるクラシックの名曲「ボレロ」はまさに圧巻。スクリーンで味わうのにうってつけだ。

檀れいが映画初主演!『太陽とボレロ』は6月3日(金)公開
檀れいが映画初主演!『太陽とボレロ』は6月3日(金)公開[c] 2022「太陽とボレロ」製作委員会

またあわせて解禁されたポスタービジュアルには、物語の舞台である地方都市の自然豊かな景色と楽団員たちの生き生きとした表情が映しだされている。是非とも劇場で、彼らの華々しいフィナーレを見届けてほしい!

文/久保田 和馬

関連作品

  • 太陽とボレロ

    4.2
    422
    水谷豊監督×指揮者の西本智実が音楽監督を務めた、オーケストラが舞台の人間ドラマ