『劇場版 呪術廻戦 0』が北米で「鬼滅の刃」に次ぐ大ヒット!初日で興収10億、週末3日間で興収20億を突破|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『劇場版 呪術廻戦 0』が北米で「鬼滅の刃」に次ぐ大ヒット!初日で興収10億、週末3日間で興収20億を突破

映画ニュース 2022/3/21 17:30

『劇場版 呪術廻戦 0』が北米で「鬼滅の刃」に次ぐ大ヒット!初日で興収10億、週末3日間で興収20億を突破

「週刊少年ジャンプ」で連載中の芥見下々の人気コミック「呪術廻戦」。同作を原作に、一大ムーブメントを巻き起こしたテレビアニメシリーズの初の劇場版となる『劇場版 呪術廻戦 0』(公開中)が3月18日に北米公開され、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(20)に匹敵する大ヒットを記録している。「Variety」など複数メディアが報じている。

公開前夜のプレビュー上映から大盛況に
公開前夜のプレビュー上映から大盛況に[c] 2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 [c]芥見下々/集英社

日本では昨年12月24日に公開され、初日からの週末3日間で観客動員数190万人、興行収入27億円の大ヒットスタートを記録。週末動員ランキングでは3週目に2位にランクダウンしたものの、5週目に再び1位に返り咲き、そのまま6週連続1位を記録。3月13日の時点で累計観客動員数は907万人、興行収入は127億円に到達。現時点で日本国内の歴代興収ランキングの21位にランクインしている。


北米では2286館で公開。公開日前夜となる17日のプレビュー上映を含めた初日興収は867万8309ドル(速報値。日本円換算で約10億円)で、週末3日間の興収は1769万8677ドル(速報値。日本円換算で約21億円)。昨年4月に北米1614館で公開を迎えた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の初日興収は954万7988ドル(約11億円)、3日間興収は2123万4994ドル(約25億円)で、いずれもそれに迫る数字に。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は北米で3か月以上にわたって公開され、日本のアニメ映画としては『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』(98)に次いで歴代2位となる累計興収4950万5008ドル(約58億円)を記録。『劇場版 呪術廻戦 0』がその記録にどこまで迫ることができるのか注目しておきたい。

文/久保田 和馬

関連作品

  • 劇場版 呪術廻戦 0

    4.6
    3490
    TVアニメ化もされている芥見下々原作の人気コミック「呪術廻戦」の前日譚を映画化