横浜流星主演で人気小説「線は、僕を描く」映画化!特訓を重ね、水墨画に魅せられる大学生役に|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
横浜流星主演で人気小説「線は、僕を描く」映画化!特訓を重ね、水墨画に魅せられる大学生役に

映画ニュース 2022/3/23 4:00

横浜流星主演で人気小説「線は、僕を描く」映画化!特訓を重ね、水墨画に魅せられる大学生役に

砥上裕將の青春芸術小説「線は、僕を描く」が横浜流星主演で実写映画化され、10月21日(金)より公開となることが明らかとなった。

【写真を見る】横浜流星の筆さばきにも注目!水墨画家のもとで1年以上もの特訓も
【写真を見る】横浜流星の筆さばきにも注目!水墨画家のもとで1年以上もの特訓も[c]砥上裕將/講談社 [c]2022映画「線は、僕を描く」製作委員会

原作は2020年「本屋大賞」3位、2019年TBS「王様のブランチ」BOOK大賞を受賞した人気作。待望の実写映画化で監督を務めるのは『ちはやふる』(16)を青春映画の金字塔に仕立て上げた小泉徳宏。横浜は、とあるきっかけで水墨画と出会い、学ぶことでその世界に魅了されていく主人公、青山霜介を演じる。

本作で水墨画に初挑戦した横浜は、役作りのため撮影前には水墨画家の小林東雲のもとで1年以上もの時間をかけて【水墨画】の練習を繰り返した。「その日、その時の感情によって、描く線が変わる水墨画の無限の可能性に驚かされた」と語る横浜は、霜介として瑞々しい演技を魅せる一方で、見事な筆さばきを披露している。


小泉監督が横浜に対し「美しさと儚さを合わせ持つ横浜流星という稀有な俳優がいればこそ、この難しい題材を体現できた」とコメントしている本作。仕上がりへの期待は高まるばかりだ。

関連作品

  • 線は、僕を描く

    -
    58
    水墨画に出会い魅了される大学生を描いた同名タイトルの青春小説を横浜流星主演で映画化