相葉雅紀がホラー映画初出演で“恐怖”と対峙!中田秀夫監督『“それ”がいる森』9月30日公開決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
相葉雅紀がホラー映画初出演で“恐怖”と対峙!中田秀夫監督『“それ”がいる森』9月30日公開決定

映画ニュース 2022/3/28 7:00

相葉雅紀がホラー映画初出演で“恐怖”と対峙!中田秀夫監督『“それ”がいる森』9月30日公開決定

『嘘喰い』(22)、『事故物件 恐い間取り』(20)の中田秀夫監督による最新ホラー『“それ”がいる森』が9月30日(金)に全国公開されることが決定。あわせて相葉雅紀の主演が解禁され、相葉&中田監督のコメントも到着した。

【写真を見る】ジャパニーズ・ホラーの巨匠である中田秀夫監督が“新味溢れるホラー”に挑む!
【写真を見る】ジャパニーズ・ホラーの巨匠である中田秀夫監督が“新味溢れるホラー”に挑む![c] 2022「“それ”がいる森」製作委員会

本作は、不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台とする新時代のホラーエンタテインメント。 実際に数々の“それ”を見たという目撃情報をベースに、主人公たちが得体の知れない“それ”に遭遇するという未知の恐怖を描く。ホラー映画初出演となる相葉は『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(14)以来、8年ぶりの映画主演となる。

相葉は「監督の一つ一つの演出に勉強させて頂きながら、自分なりにこの映画が表現しようとしている『恐怖』と向き合っています」とコメント。対する中田監督は「新しい挑戦に貪欲に取り組む彼(相葉)の姿勢は、この映画のチャレンジと見事に共鳴してくれていると確信しています」と、座長となる相葉の撮影に臨む姿について語った。


はたして、“それ”の正体とは?中田監督と相葉の初タッグ作でどんな恐怖が描かれるのか、続報を期待して待とう。