批評家が選ぶ、ブルース・ウィリス出演映画ランキング!『シックス・センス』『ダイ・ハード』などおすすめの“フレッシュ”10選|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
批評家が選ぶ、ブルース・ウィリス出演映画ランキング!『シックス・センス』『ダイ・ハード』などおすすめの“フレッシュ”10選

コラム 2022/3/27 19:30

批評家が選ぶ、ブルース・ウィリス出演映画ランキング!『シックス・センス』『ダイ・ハード』などおすすめの“フレッシュ”10選

第42回ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)に特設部門が誕生するなど、近年低予算のアクション映画に立て続けに出演することで、かなり不可思議なものとなっているブルース・ウィリスのキャリア。<前編>では彼のフィルモグラフィのなかから映画批評を集積・集計するサイト「ロッテン・トマト」で、批評家からの評価が“低い”10作品を紹介したが、<後編>となる本稿では逆に評価が“高い”10作品を紹介していく。

【写真を見る】近年の低評価も吹き飛ぶ傑作ぞろい!出演作でもっとも高い評価を獲得したのは…
【写真を見る】近年の低評価も吹き飛ぶ傑作ぞろい!出演作でもっとも高い評価を獲得したのは…写真:EVERETT/アフロ

1980年代にテレビドラマへの出演でキャリアをスタートさせ、『ダイ・ハード』(88)のジョン・マクレーン役で大ブレイク。以後はクエンティン・タランティーノ監督の『パルプ・フィクション』(94)での鮮烈な印象から『アルマゲドン』(98)のようなヒット作など、アクションからコメディまでさまざまな顔を見せてきたウィリス。これから紹介する10作品には、そんな幅広いジャンルの傑作が揃っている。

ブレイクのきっかけとなったアクション大作『ダイ・ハード』
ブレイクのきっかけとなったアクション大作『ダイ・ハード』写真:EVERETT/アフロ

「ロッテン・トマト」とは、全米をはじめとした批評家のレビューをもとに、映画や海外ドラマ、テレビ番組などの評価を集積したサイト。批評家の作品レビューに込められた賛否を独自の方法で集計し、それを数値化(%)したスコアは、サイト名にもなっている“トマト”で表される。好意的な批評が多い作品は「フレッシュ(新鮮)」なトマトに、逆に否定的な批評が多い作品は「ロッテン(腐った)」トマトとなり、ひと目で作品の評価を確認することができる。

中立的な立場で運営されていることから、一般の映画ファンはもちろん業界関係者からも支持を集めており、近年では日本でも多くの映画宣伝に利用されるように。映画館に掲示されたポスターに堂々と輝くトマトのマークを見たことがある方も多いだろう。


グラフィックノベルの世界観をスクリーンに再現した傑作『シン・シティ』
グラフィックノベルの世界観をスクリーンに再現した傑作『シン・シティ』写真:EVERETT/アフロ

それでは、ブルース・ウィリス出演作品の“フレッシュ”10傑を挙げていこう。

94%フレッシュ『ダイ・ハード』(88)

93%フレッシュ『LOOPER ルーパー』(12)

93%フレッシュ『ムーンライズ・キングダム』(12)

92%フレッシュ『パルプ・フィクション』(94)

91%フレッシュ『ノーバディーズ・フール』(94)

88%フレッシュ『12モンキーズ』(95)

86%フレッシュ『シックス・センス』(99)

84%フレッシュ『グラインドハウス(U.S.A.バージョン)』(07)

82%フレッシュ『ダイ・ハード4.0』(07)

77%フレッシュ『シン・シティ』(05)

関連作品