北米ランキングは『モービウス』が首位発進!アカデミー賞作品賞『コーダ あいのうた』が急遽再上映|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
北米ランキングは『モービウス』が首位発進!アカデミー賞作品賞『コーダ あいのうた』が急遽再上映

映画ニュース 2022/4/10 21:30

北米ランキングは『モービウス』が首位発進!アカデミー賞作品賞『コーダ あいのうた』が急遽再上映

ソニーズ・マーベル・ユニバース(SSU)の最新作『モービウス』(日本公開中)が初登場で1位を飾った先週末(4月1日から3日)の北米興収ランキング。公開延期が幾度も重なり当初の予定より1年半以上遅れただけでなく、同じSSU作品である『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(21)と公開順が入れ替わるなど、なかなか不運続きの同作は、興行面批評面でも苦戦を強いられているようだ。

同じSSU作品を下回る苦しい出足となった『モービウス』
同じSSU作品を下回る苦しい出足となった『モービウス』[c]Everett Collection/AFLO

“スパイダーマンの宿敵”として知られるマーベル・コミックの悪役モービウスを、『ダラス・バイヤーズクラブ』(13)でアカデミー賞に輝くジャレッド・レトが演じる同作。血液の難病を患う天才医師が、治療法を見つけだそうと自ら実験的な治療を施し、コウモリの血清を投与。それを機に超人的な力を手に入れた彼は、血への渇望という代償も手にしてしまう。

4268館で公開され、3日間の興行収入は3900万ドル。ちょうど半年前に公開された『レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は、その時点でのコロナ禍におけるオープニング記録を樹立する4225館で9000万ドルというロケットスタートを切り、MCUに含まれる『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(デジタル配信中)は北米歴代2位の記録的なオープニング。その両者との比較はかなり酷なものとはいえ、事前に予測されていた数字をも下回る結果に。

それに加え批評集積サイト「ロッテン・トマト」によれば、批評家からの好意的評価の割合はわずか16%。比較的高い水準で推移するMCU作品とは対照的に、SSU作品は『ヴェノム』(18)が30%、『レット・ゼア・ビー・カーネイジ』が58%と批評的に厳しい結果が続いており、今後のフランチャイズ展開に向けての大きな課題となりそうだ。とはいえ観客からの好意的評価は70%とまずまず。あとはいかに興行を持続できるか注目しておきたいところ。


最多受賞の『DUNE/デューン』などにオスカーの恩恵は少なく…
最多受賞の『DUNE/デューン』などにオスカーの恩恵は少なく…[c]Everett Collection/AFLO

一方、この週末は第94回アカデミー賞の授賞式後の最初の週末。関連作にその効果が現れているかと思いきや、想像以上に祭りの後。主要部門を制した『ウエスト・サイド・ストーリー』(日本公開中)や『ドリームプラン』(日本公開中)、最多受賞作である『DUNE/デューン 砂の惑星』(21)に至るまで、授賞式直後の平日は1館あたりのアベレージはわずか1桁。週末には大きく上映館数を減らしており、この辺りに“配信時代”の波を強く感じることができる。

第94回アカデミー賞作品賞の『コーダ』、Apple TV+での視聴者数は増加傾向に
第94回アカデミー賞作品賞の『コーダ』、Apple TV+での視聴者数は増加傾向に[c]Everett Collection/AFLO

作品賞を含む3部門を制した『コーダ あいのうた』(日本公開中)は、対照的に初公開時が配信だったこともあってか500以上の劇場で再上映がスタート。Appleは正確な興収を発表していないものの、「Deadline」などの報道によれば週末3日間で35万ドル前後の興収を記録した見込み。また、Apple TV+は授賞式後に新規の登録者数が25%増加。配信開始から半年間で100万視聴にも満たなかった『コーダ』は、やはり前週から急激に視聴数が増加しているとのことだ。

文/久保田 和馬

関連作品

  • モービウス

    3.8
    771
    スパイダーマンの宿敵で天才的な頭脳を持つドクター、モービウスを主人公に描く物語
    Amazon Prime Video U-NEXT
  • コーダ あいのうた

    4.4
    407
    家族とその中で唯一健聴者である少女とが支えあっていく姿を描いた、アカデミー賞受賞作