志尊淳は“備蓄王子”「飲み水500リットル備蓄」広瀬アリスは緊張で汗かきすぎ、途中退席!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
志尊淳は“備蓄王子”「飲み水500リットル備蓄」広瀬アリスは緊張で汗かきすぎ、途中退席!

イベント 2022/4/7 20:34

志尊淳は“備蓄王子”「飲み水500リットル備蓄」広瀬アリスは緊張で汗かきすぎ、途中退席!

アニメ「進撃の巨人」の荒木哲郎が監督を務め、WIT STUDIOが制作を手掛ける劇場アニメ『バブル』(5月13日公開)の完成披露イベントが4月7日に丸の内ピカデリーで開催され、志尊淳、広瀬アリス、梶裕貴、畠中祐、千本木彩花、荒木監督が登壇。ヒロインのウタ役に抜てきされたりりあ。もリモート登壇し、本作のエンディング主題歌楽曲「じゃあね、またね。」を弾き語りで生披露した。

会場に手を振った志尊淳、広瀬アリス
会場に手を振った志尊淳、広瀬アリス

世界に降り注いだ“バブル”で重力が壊れた東京を舞台に、未知の生態“バブル”と遭遇した少年・ヒビキ(志尊)と、少年に恋し、彼の世界を愛すると心に決めた少女・ウタ(りりあ。)が繰り広げるドラマをハイスピードなアクションと共に描く本作。志尊は「ものすごくダイナミックで、なんといってもカメラワークがすごい。背景が変わっていくさまは、どうやって作っているんだろうと思うくらい。アクションシーンのなかに感情も見える」と惚れ惚れ。「心から携われて最高だなと思えた作品」と感無量の面持ちを見せた。


完成作に胸を張った志尊淳
完成作に胸を張った志尊淳

バブルを調査する科学者、マコト役を演じた広瀬も「アトラクションに乗っているかのようで、気持ちが高揚している状況に陥りました。観ている間、ワクワクが止まらなかったです」と興奮を語ったが、次第にトークがしどろもどろになる場面も。「すみません!ちょっと今日、このメンバーがすばらしすぎて、緊張して喉が締まりすぎている。ごめんなさい!冷や汗が止まらない」とアニメ好きを公言している広瀬だけに、豪華声優陣や荒木監督との登壇にソワソワと落ち着かない様子で、“電気ニンジャ”リーダー役を演じた畠中から「汗をかかれていますね」と言われると、大照れになった広瀬。これにはカイ役の梶が「余計なこと言うなよ!」とツッコんで周囲も大爆笑。しまいに広瀬は「すいません、汗を拭きに行っていいですか!写真、撮らないで〜」と途中退出してしまい、会場を驚かせた。汗を拭き、ステージに再登場した広瀬は「ごめんなさい!」と恐縮しきりだった。

驚きの備蓄品を告白
驚きの備蓄品を告白

またこの日は、本作が人魚姫をモチーフにしていることから「私は○○王子、○○姫である」と思うことをフリップに書いて発表することになった。志尊は「備蓄王子」とのフリップを掲げ、「災害のための備蓄が、自分でも尋常じゃないなって思っています」と告白。「飲み水が500リットルくらいあって、簡易トイレが200個くらいあって、最強の懐中電灯が10個、モバイルバッテリーも20個。バッグも4つにわけています」と大量の備蓄品を明かした。梶が「志尊くんの家が避難所なわけじゃないよね?」と笑うと、志尊は「ウエルカムです!」と大きな笑顔を見せていた。

愛犬をはじめ、家族が大好きだという広瀬は「家族依存姫。ワンちゃんがいないと生きていけない」、千本木は「妄想姫。一人でしゃべったりしてしまう」、畠中は「コンタクトよく取れる王子。緊張で、いまも取れそうです」と次々と素顔を披露。梶は「人見知り王子」だそうで、「初めてお会いする方もいらっしゃるとめちゃくちゃ緊張する。でも志尊くんはイメージどおり柔らかくて、優しくて。お芝居の話になると熱くて、話しやすい。この人見知り王子の私が、すごく安心して話せる」と打ち明けた。「仲よくしてください」と続けると、志尊も「もちろんです!」とすっかり意気投合していた。

「作画大変王子」だと話した荒木監督は、「自分がやる作品って、あらかた作画が大変。皆さんすごく積極的にやってくれました。どうもありがとう」とスタッフに感謝。「いままで自分のなかになかった扉がいくつも開きました。『こんな気持ちになるアクションシーンってある?』みたいな、そういうものを自分が生みだせたことがうれしい。『そういうことをやるために、俺はこの仕事を始めたんだな』と思った。すごく手応えがあります」と充実感をみなぎらせていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品

  • バブル

    3.7
    1232
    泡〈バブル〉により重力が壊れた東京で奔走する少年少女を描くオリジナルアニメ映画
    Netflix