広瀬すず、横浜流星との膝枕タイムは「カオス」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
広瀬すず、横浜流星との膝枕タイムは「カオス」

イベント 2022/4/13 20:52

広瀬すず、横浜流星との膝枕タイムは「カオス」

2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうの小説を李相日監督が映画化した『流浪の月』(5月13日公開)の完成披露試写会が4月13日にイイノホールで開催され、広瀬すず、松坂桃李、横浜流星、多部未華子、李監督が登壇。恋人役を演じた広瀬と横浜が“膝枕”で距離感を縮めたことを明かした。

『流浪の月』の完成披露試写会が開催された
『流浪の月』の完成披露試写会が開催された

本作は、15年前に起きた誘拐事件の被害女児と加害者の再会を描く人間ドラマ。10歳の時に誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性、家内更紗役を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年、佐伯文役を松坂が演じる。

『怒り』に続いて李監督作品に出演した広瀬は、「もう一度李さんの作品に出させていただいて光栄。やっぱり監督の映画はすごいなと思った作品。お腹のなかのマグマを吐きだしながら一生懸命作った映画です」と完成作に胸を張っていた。

誘拐事件の加害者という複雑な役どころに挑んだ松坂は、「僕史上、一番難しかった。ずっと霧のなかでもがいているような感じ。さまよっているような感じ」と吐露しながら、「監督が(役柄に対して)同じ向き合い方、角度で一緒になって挑んでくれた。すごく救われた」と李監督に感謝。広瀬は「松坂さんの役へのアプローチの仕方は、感動すら覚えた」と心を動かされたことを明かしていた。


膝枕タイムも「敬語」
膝枕タイムも「敬語」

事件から15年経った現在の更紗の恋人、亮役を横浜が演じているが、横浜は「チャレンジしかなかった。作品に入るたびに挑戦の繰り返しだとは思うんですが、今回はより、自分のなかに大きな壁が立ちはだかった感じがありました」と難役だったことを告白。「自分のなかに亮の要素が一つもないと思った。見つけようともがいていた」そうで、なかでも「甘える」ということがわからなかったという。「僕は十数年間、空手をやってきて、人に弱みを見せるな、涙を見せるな、男はこうあるべきだと叩き込まれてきたので、“甘える”ってなんだろうというところから始まって。まずは『膝枕をしてもらえ』って言われました」と李監督からの提案で、恋人役の広瀬に「膝枕をしてもらった」と打ち明けた。李監督が「気持ちよかったでしょ?」と質問。横浜は「少し、はい」と照れながら、「“甘える”ってこういうことなのかと、亮を通して感じることができたのは一つの収穫です」と語っていた。

李監督からは「広瀬すずの代表作を作りたかった」と明かされた
李監督からは「広瀬すずの代表作を作りたかった」と明かされた

広瀬は「30分くらい、リハーサル室で2人きりにしていただいてやってみたんですけど。その時、まだ会って2回目か3回目で。お互いに極度の人見知り。全体重を乗せてくれるのかなと思ったら、全然乗っていなくて。ずっと敬語で話しているし、すごいカオスでした」と思い出し笑い。「そこから敬語もやめて、『家族の話をしよう』と言ってみたりしながら、肉体的にちょっと接触するだけで、距離感や心の開き方が全然違いました」と膝枕が役作りにうまく働いたと話していた。

樹木希林との思い出を明かした松坂桃李
樹木希林との思い出を明かした松坂桃李

またこの日は、強い絆で結ばれた人々を描く映画の内容にちなみ、それぞれがフリップで「宿命の相手は?」という質問に対する回答を発表するひと幕もあった。松坂は「樹木希林」と書き、「僕が初めて主演をさせていただいた時に、僕のおばあちゃん役で希林さんが出てくださっていた。お芝居のことを含め、『人っていうのはね』ということまで教えてくださった。初主演だったので番宣も頑張らなきゃいけないと思っていたんですが、希林さんが全部付いてきてくれたんです。『記者の方が同じ質問をしても同じ返しなんてしちゃダメよ』と人、お芝居、番宣のことも教えてくれた。今回、僕のお母さん役は『(樹木の娘である)内田也哉子さんだ』と聞いた時に、ものすごい縁を感じてゾクッとしました」と人生における大切な出会いについて、エピソードを披露した。

広瀬は「姉。姉妹であり、友だちであり、同業者。先輩でもある、すごい不思議な距離感の姉妹」、多部が「もう一人のわたし。自分の性格とは切っても切れない」と答えるなか、横浜は「自分」と回答。「やっぱり常に自分といるわけだし、自分と向き合わなきゃいけない。明日死ぬかもしれないし、なにが起きるかわからないなかで、空手でもそうですが、常に己と向き合っています。お芝居の仕事も自分と向き合わなきゃいけない。自分と向き合う時間がすごく長かったし、これからもそうだと思う。昨日の自分には絶対に負けたくない」と真面目な素顔をのぞかせると、李監督は「こういう感じをほぐそうとしたんです」とニヤリ。横浜は照れ笑いを見せていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品